スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮の話をしてみよう 19

仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD]仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD]
(2005/08/05)
細川茂樹、栩原楽人 他

商品詳細を見る

当初、仮面ライダーではなく別の特撮作品として作られる予定だったという噂を聞いた事があるのだが、見れば納得する作品だった。
まず、ライダーキックとかはなく音楽によって妖怪を鎮めるというもの。「変身!」とか言わずに実に簡易な変身をする。主人公は少年で目標として響鬼というオジサンライダーがいるというもの。
というか、番組始まった当初はライダーじゃないw車の助手席に座っているww
途中で免許を取って市販のバイクに乗るという今までになかったライダー。本当に取ってつけたような程度のライダー設定。
番組前半、後半で賛否両論といわれているが、まぁ私はこれはこれで結構好きな作品。

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

特撮の話をしよう 18

仮面ライダー555 VOL.1 [DVD]仮面ライダー555 VOL.1 [DVD]
(2003/10/21)
特撮(映像)、半田健人 他

商品詳細を見る

この作品のファンはかなり多いんじゃないだろうか?
私も自分のケータイ買った時は変身のポーズとかやったwやったww

携帯電話で変身するライダー。
この作品の面白いところは怪物側と主人公側の話が交差するところでしょうね。
差別に対する訴えとか、そんな感じのメッセージとして捉えることも出来るけど、どうなんだろうね。人によっては価値観かわるんだろうかな

平成ライダーの中でも一番使えない二号ライダーかもしれないカイザとか
普通の人間では変身できず、使えば死んでしまうとか結構面白い設定が盛り込まれている上に
「首の折れる音」は今でも伝説だろうと私は思うw

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

特撮の話をしてみよう その17

仮面ライダー クウガ Vol.1 [DVD]仮面ライダー クウガ Vol.1 [DVD]
(2000/12/08)
特撮(映像)

商品詳細を見る


平成ライダー第一弾作品
まぁ、実際には平成に入ってすぐのライダーというわけではないのだけれど

この作品にまさるものはないのではないのだろうか
というぐらい面白い作品だった

闘う意志によってフォームが変わり、現代における電気によって過去にはなかった新しい姿を生み出すとか、また最近あんまり見なくなったバイクアクションとかね

これは完全に大人特撮といっていい作品。
むしろ、子供にトラウマを植え付けるという良作。
やっぱりあれだよね。子供に背伸びさせる為にこういった作品は必要なんだと思うんだ...

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

特撮の話をしてみよう 16

仮面ライダーキバ VOL.1 [DVD]仮面ライダーキバ VOL.1 [DVD]
(2008/08/08)
瀬戸康史、武田航平 他

商品詳細を見る

コウモリをモチーフにしたライダー
ベルトは南瓜だったかな

バラやバイオリンと厨臭さが半端ない作品・・・だったらよかったのにねw

通称「昼ドラ」ライダー
ストーリーは現代と過去が交差する感じで進展していく。現代では主人公、過去では主人公の父親がといった感じ。
ファンガイアと呼ばれる怪人と戦うのだが、現代では主人公がファンガイアの血を持ちこのライダー自体もファンガイア化しているものだと考えればいいのだろうと思う。
過去ではファンガイアに対抗するために作られた組織に主人公の父親が加わり、開発途中の二号ライダー「仮面ライダーイクサ」を使い闘う頑張る人間みたいなストーリーが交互にあるといった作品。

続きを読む

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

洋ゲー久々にやったが

Prototype 2(輸入版)Prototype 2(輸入版)
(2012/04/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る

英語わけわかんねぇwww

世界観とかわけわかんぬぇ

前作やって今作もやったけど、さっぱりだねw

wiki見ながら前回やってたけど、やっぱアクションゲーは世界観を知るよりも操作性が面白ければ気にしないわw
このプロトタイプシリーズはやっぱりずば抜けて自由すぎる箱庭ゲーだと思う。
スパイダーマンシリーズよりも自由に動けるし、何よりビルの壁を全力疾走するのは楽しすぎる
でもやってる内容っていうとカービィなんだよねw
敵を吸収してコピーしたり、地味に飛んだりね。

そして洋ゲーでしかできないグロ表現
まぁ、いう程ではないけどね
これ日本語版出ねぇかなぁ...。出たら出たで規制とかかかるから、面白みとか減っちゃうんだろうなぁ

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。