スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山へ

何の因果か、知り合いと高野山に行くことになったのはお盆休みが明けてすぐの木曜日でした。
恐山、比叡山と共に日本三大霊場と知られているこの高野山は、かの偉大な僧侶、弘法大師空海が修行の場として開いた由緒正しき場所。(厳密に言うと高野山という山はないけど)

地下鉄を乗り継いで「天下茶屋」で南海電鉄の快速急行に乗り換え、極楽橋駅へ。

IMAG0160.jpg

それから、今度はケーブルカーに乗り換えて高野山駅へ。 そこからバスに乗り換えてまずは金剛峯寺へ。
IMAG0155.jpg

IMAG0156.jpg

綺麗な襖絵が見所です。 が、撮影禁止ということなので、興味がある方はご自分の目で。 あともう一つの見所は蟠龍庭という石庭。

IMAG0158.jpg

IMAG0157.jpg

金剛峯寺を離れて、次は奥の院というところへ。 奥には弘法大師さんが即身成仏なさった、入定なさった廟があります。
ここから先はお墓や慰霊碑が建てられているのですが、なんだか他人様のお墓を撮るのは気が引けたので写真はありませんが、日産やキリンビールといった大手企業の慰霊碑は装飾に凝っていて見物です。 あ、あとシロアリ駆除協会の「しろあり やすらかにねむれ」と書かれた碑はつい二度見してしまうほどにインパクト大。

IMAG0153.jpg

この橋が此岸と彼岸を分ける境目。 ここから先は脱帽し、肌着や浴衣などといった軽装不可。 もちろん撮影不可。

IMAG0154.jpg

ちなみに、この写真で見える大きな建物が弘法大師さんが即身成仏なさった廟ではなく、燈籠が掲げられているだけの建物。

え、どんな廟だか気になる? それなら是非高野山に行ってみよう、あるいは注意を無視して撮影していた人たちがネットで公開しているものを探してみよう。 結構みんな撮りまくってたよ☆ 私は撮ってないけどね!(ビシッ

そういえば、帰りに立ち寄った高島屋7階の東洋亭、おいしかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。