スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の夜明け

この曲は、19世紀末にイギリスで結成された秘密結社「黄金の夜明け団」がモチーフになっている。かのアレイスター・クロウリーも一時入団していた。ちなみに彼をモチーフとした、オジー・オズボーン「ミスター クロウリー」という曲がある。





これから始まる新世紀 始めはお終い一は千 これから始まる新世紀 終わりは始まり千は一

これから始まる新世紀:黄金の夜明け団が結成されたのは19世紀末の1888年。また、この曲が収録されたアルバムが発売されたのは20世紀末の1992年。
始めはお終い一は千:前述通り、このアルバムが販売されたのは1992年。ちょうど20世紀から21世紀への過渡期であった。20世紀は2000年まで続き、21世紀は2001年から始まった。


願いましては善と悪の彼岸なり 善人なをもて往生をとぐ いわんや悪人をや 見よ! 東海の空が明けつつある 倒立したる偉大な精神の誕生なのだ

願いましては:珠算の読み上げ算の際「ご破算、願いましては」と掛け声することから。
善と悪の彼岸なり:ニーチェによれば、哲学者は「道徳」について論じる際、無意識にキリスト教的観念に基づいているという。ニーチェは本当に「道徳」について述べるのであれば、そうした宗教観から離れなければならない(善悪を超越しなければならない=善悪の彼岸を超えなければならない)と著作「善悪の彼岸」にて主張した。
善人なをもて往生をとぐ~:浄土真宗の祖・親鸞和尚が説いた言葉を纏めた書物『歎異抄』 この歌詞は、この書物の有名な一説から取られた。ちなみにここでいう「悪人」という言葉の捉え方(犯罪者と捉えるか、仏教を信者でないと捉えるか)によるが、一文の意味は「善人ですら往生することができるのだから、ましてや悪人ですら(往生)出来る」というもの。
見よ!~:「愛国行進曲」という曲の第一番「見よ東海の空明けて」からであろう。東海とは「日本」の異称のこと。


それから終わらぬ新世紀 希望は絶望 昼は夜 それから終わらぬ新世紀 絶望は希望 夜は昼

希望は絶望 昼は夜:前述通り、物事は表裏一体をなしていることということであろうか。逆もまた真なりということ。


願いましては宇宙と歴史の和解なり 智に働けば角が立つ 情に棹させば流される 聞け! 西方より来る鳳凰の声 合体したる異形の怪物の顕現なのだ

智に働けば角が立つ~:夏目漱石『草枕』の有名な一説から。この文言の後には「意地を通せば窮屈だ 兎角世間は住みづらい」と続く。分かりやすくいえば「理屈を通せば他者と衝突するし、かといって誰かに情けをかければ馴れ合いになってしまう、意地を通すことはとても大変なことだ。世渡りすることはなんて大変なんだ」といったところ。
鳳凰:「ほうおう」 中国の伝説上の鳥。一万円札裏にも描かれている。
異形:普通とは違う形。おそらく、怪物の中でもより不気味な形をしたものなのであろう。
顕現:現れ出ること 特に神様などが現れるときに使用される。


二度と沈まぬ太陽に捧げん 5分と6分の音符のアラベスク 緋色の妾常えに踊らん 頭を垂れし炎の蛇のもと

5分と6分の音符:音符は四拍を等分で分けていくはずだから、2分、4分、8分、16分、32分……という具合に2の冪乗になるので、5分や6分というものは存在しない。つまり、これは人間が奏でる音楽ではなく、なにか別の道理によって奏でられている。
アラベスク:イスラム美術のもので、幾何学文様が連続することで出来る模様のこと。例えば日本では唐草模様などがその仲間といえる。
緋色の妾:「ひいろのめかけ」 アレイスター・クロウリーの主著「法の書」に出てくるもので、緋色とはこの色で、妾とは妻以外に囲っている女性のこと、つまり愛人。「深い赤色の肌を持つ(血色の良い)愛人」か「深い赤色のドレスに身をまとった愛人」という意味。
炎の蛇:旧約聖書に出てくる神が遣わせた蛇で、エジプトから脱出するユダヤ人たちを苦しめた。理由はユダヤ人たちが神に不平不満を漏らしたからで、その時モーセは神に許しを請い、青銅の蛇を旗竿に掲げるようにと云われ実行したところ、噛まれても民は誰一人死ななかったという。


今いることの信仰に あると思うな永遠の国 祝福されぬ闇の中 そして現わる黄金の夜明け
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。