スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経症 I Love You

いわゆる0thアルバム『人間椅子』に収録された楽曲の中で、一度も再録されたことがない作品。さすがに20周年記念のアルバムには収録されると期待していたけど、残念ながら再録されず。
確かに「人間椅子らしくない楽曲」と言われることもありますが、個人的にはアリだと思うんだけど……うーん、なんでなのかしらん。タイトルがダメなんですかね?



不眠症の街に帽子が飛べば 愛を確かめたいと受話器が叫ぶ かかかかか 勝手な女は ななななな 泣きじゃくるばかり

不眠症:いわゆる睡眠障害のひとつ。寝付けなかったり、頻繁に起きたり、あるいは熟睡できなかったり、その症状は人それぞれ。街が不眠症になることはあり得ないが、よく「眠らない街」というふうに形容されることがある繁華街や歓楽街のことかと思われる。
かかかかか:いわゆる「どもり」または「吃音」と呼ばれるもの。吃音症の代表的な症状で「かかかかか」のように同じ言葉を連続で言ってしまうことを連声型とか連続型という。


拒食症の君はベッドの上で 黴の生えた詩集を眺めて暮らす ままままま 待ってくれ僕は だだだだだ ダダイストなんかじゃない

拒食症:正式には「神経性無食障害」 いわゆる摂食障害。大抵の人は「自分は太っている」という幻想に襲われて、こうなってしまう人が多いという。酷い人だと皮と骨になるぐらいまで(これは比喩ではない)に痩せてしまう。もちろん、日常生活におけるストレスが原因で拒食症になる人もいる。
黴:「かび」 余談であるが、水回りで使用されるカビ用洗剤は、実はカビを死滅させているわけではなく、脱色しているだけだそう。ちゃんと掃除したつもりでも、また生えてくるのはそういう理屈。
ダダイスト:ダダイズムを信奉する人のこと。ダダイズムというのは、主に芸術や文芸の分野で、既存の常識や権威に対して反抗する、反旗を翻すことを目的とした思想、運動のこと。


だけどBaby トラウマの夢は やせた胸も つがいの鯨にするというね

トラウマの夢:日本でも「トラウマ」と、そのままの言葉で通じるが、日本語に訳せば「心的外傷」という。これはギリシャ語で「傷」を意味する「Trauma」から来ている。ちなみにこの「トラウマの夢」というのはドイツ語で「夢」を意味する「Traum」の発音・字が似ているので、それと掛けている。
やせた胸もつがいの鯨にするというね:俗っぽい言い方をすれば「貧胸が巨乳になる」ということ。


神経症 I Love You 壊れたリビドー 神経症 I Need You 倒錯の恋 神経症 I Love You 壊れたリビドー 神経症 I Need You 倒錯の恋

神経症:「総合失調症」や「躁鬱病」などと比べると軽度な精神疾病のこと。ドイツ語では「ノイローゼ」と言う。なぜか日本では「精神疾病」というより「とても悩んでいる」程度の意味で使われている。
I Love You:直訳すれば「私はあなたが好きです」という意味。ちなみに、かの文豪・夏目漱石は生徒が「我君ヲ愛ス」と訳したのを「月が綺麗ですね」と訳せと指導したのは有名。
リビドー:性的欲望、性衝動のこと。そういえば、そんな名前のバンドもいましたね。
I Need You:直訳すれば「私はあなたを必要としている」だが、要は「あなたが好き」ってこと。愛の告白の一種で、英語圏ではI Love Youと並んでよく使われている文句。
倒錯:逆さまになること、また逆さにすること。本来はそういう意味だが「倒錯」というと大抵の人は「人様に顔向けできないような趣味趣向のこと」を指すと思っている。


ててててて 手首の傷は ぼぼぼぼぼ 僕のせいなんかじゃない

手首の傷:怪我以外であるならば、それはリストカットによる傷。ドラマなどで自殺願望の人間がカミソリで手首を横に切って死のうとするが、実際は腱が邪魔するので横方向に切りつけても死ぬことは難しい、というより不可能である。自殺するならば横ではなく縦方向。これなら腱を回避してより深い傷を負うことが出来る。いずれにせよ、いわゆる自殺願望者の大半は「死にたい」というより「構って欲しい」という願望の方が強かったりする。


だけどBaby パラノイアの朝は 星の王子が黒犬またがりやって来るよ

パラノイア:日本語にすると「偏執病」という。被害妄想や過大妄想の総称する。あとは自分のことを特別な人間だと思ったり、他人から嫌われていると妄想すること。
星の王子:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説『星の王子さま』のこと。『星の王子さま』は子供の頃に一読したきりだが、黒犬なんて出てきた記憶はない……狐は出てきたと思うのだけれども。
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。