スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見た

昨日肩を痛めてしまいましたが、なんとか大丈夫です。 不安だったので病院に行きましたら先生が「安静にしていたら大丈夫」と言ってました。 一安心です。

さて、今日、私が目覚めると私は泣いていました。

厳密に言うと夢の延長線上で泣いていました。 当て所もなく走り続ける自動車を見下ろしている光景と車内でカーナビに映る地図を見る光景、その両方の視点を行ったり来たり、まるで見比べているようでした。
頭の中でなぜだか電気グルーヴの「虹」が流れていました。 その夢を見ている私は、ただただ、それを聴いて涙を流し、歪む視界の中でもなんとか景色を見ようと必死でした。 そして目覚めます。 大泣きです。 ボロボロと溢れ出てくる涙を時制することが出来ませんでした。

でも、決して悲しいわけじゃないんです。 むしろ清々しい。 説明し辛いのだけど、とにかく不思議な涙でした。 そして現実でも私は歪む視界の中必死で何かを見ようとしていました。 服の袖で涙を拭い部屋にある時計を見ると午前5時でした。 そして私は立ち上がって(おそらく)何食わぬ顔をして服を着替えました。

急ぐ予定など何もないのに。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。