スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンダム講談

ガンダムのファン層は広い。

いわゆるファーストからUC(だったかな?)それら全シリーズを見たというガノタ(ガンダムオタク)は少ないと思うけど、最古から最新作の内一作でも見たことがあるって人は結構いる。
細かなことに関することが共通理解出来なくても、作品の要であるモビルスーツ(噛み砕いて言うとロボット)はどの作品にでも現れるし、基本的には人間関係とか反戦メッセージが強いから、そういう骨子に関わることなら多少ジェネレーションギャップがあっても、説明さえすればすぐにお客さんにもわかってもらえると思う。
分かち合えるはず……なんだけど、真の意味で分かち合えるかどうかは不明。

というのも、ガノタの中には(これをたとえに出して良いもんかどうかわからないが)イスラム教でいうシーア派みたいなのがいる。
イスラムだとカリフが選挙制か世襲制かで分裂したけど、ガンダムでは富野由悠季という監督が担当した最初の三作「ファースト」「Z(ゼータ)」「ZZ(ダブルゼータ)」こそ素晴らしくて、以後の作品はこれらに勝てないってのと、そんなこと関係ないよ面白けりゃ良いじゃんってので大別される。 まあ、どっちもどっちっていうか、狭いガンダムという業界だけの話なんで、外部からみたらどーでもいいことこの上なしな話。

って、かなり話がそれてしまいましたが、ガンダムという架空の世界の話であっても、そのコトでもめる現実の人間いるなんてなんとも滑稽のように思えますね(まあ、そういうくだらないコトを考えたり話していたりするのが一番楽しくて充実してたりもするけどw) ってことが言いたいのではなくて、知り合いに

ガンダム講談

をする講談師がいるぞと教えられたのでそれを紹介しようと思っていたのでした。
と、いうことで、長ったらしい前置きは綺麗さっぱり忘れていただいて、知り合いご推薦のガンダム漫談を見てみました。



面白いけど……ニッチ産業だよねww まあ、それはそれでいっか。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士 ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。