スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(アドレナリン2 ハイ・ボルテージ)

毎日ヒレでもサーロインでもいいけど上等なステーキばっかり食べてると、やっぱりいつか飽きちゃって、とても高価な肉だとわかっていても一口、二口で残しちゃう。

そんな状態の時、ドーナツの上に生クリーム、ジャム、チョコレートソース、なんかわからんドライフルーツがたくさん乗った、超がつくほど不健康で、メタボまっしぐら、糖尿まっしぐらなものでも目の前に出されると体に悪い事はわかっていても思わず食べてしまう。 一口でも食べると、普段ならクドくて食べられないけど美味しく感じちゃう。

B級とかC級映画っていうのはそういう感覚に似ている。
A級映画も確かに面白いけど、往々にしてA級ってのはなんというか品が良すぎるように感じられる。 たまにはどうしようもなく頭の悪いものが見たくなる。 過剰な暴力、無意味な性描写、意味もなく爆発、意味もなくバケモノ、意味もなく死亡……そういう、サイテーな欲求を満たしてくれるのはやはりB級映画だけ。

タランティーノのデス・プルーフなんて最初はちょっと退屈に感じられたけど、後半のカーアクションと無意味な程に過剰な暴力シーンなんてワクワクしちゃったもん、ああ、こういうのって絶対公には評価されないけど、私は好きダゼってわかってくれる人がきっとどこかにいると思えるようなそんな作品。

ちょっと前置きが長くなってしまったけど、アドレナリンシリーズってそういうバカ映画。

予算的にはA級映画とさほど変わらないみたいらしいんだけど、やってることが本当にバカ(バカは褒め言葉)。 最近売れ出してきているジェイソン・ステイサム使ってバカやってる。
おいおい、さっきこき下ろしたけど、彼だってトランスポーターで主役張ってるんだぜ?って言いたくなるようなシーンのオンパレード。

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ [Blu-ray]アドレナリン2 ハイ・ボルテージ [Blu-ray]
(2010/01/27)
エイミー・スマートドワイト・ヨーカム

商品詳細を見る


とにかく内容がバカ。
チェリオスという男が主人公なんだけど、もうコイツがとにかくタフで、不死身と言っても過言じゃない。 で、そんな男の心臓が中国人マフィアどもに奪われてしまった! しかも生の心臓の代わりにぶち込まれたのは人工心臓で、いちいち充電しないと機能停止しちゃって死んじゃう、こいつは大変、ってわけで主人公ことチェリオスが自分の心臓を取り戻しに南船北馬、東奔西走しちゃう。

なんだよ、心臓奪われるって、意味分からんww

まあ、とにかく、この内容にこれでもかってバカの満漢全席が詰め込まれている。

右胸と舌に端子を挟んで電気を流し充電したり、摩擦が良いからって競馬場の芝生の上で色々やっちゃうわ、オカマが癲癇持ちだわ、頭のネジが外れまくったアバズレが出てくるわ、ストリップバーで人殺しまくるわ、ナタで寿司とかいうイカれた拷問考えちゃうわ、サッカーの起源ヨロシク人の頭蹴っちゃうわ、ゴジラの真似するわ……もうね、サイテーで、下品で、クズで、バカで、アホで、イカレてるんだけど私は大好き!

こういうね、バカ映画をどんどん作って欲しい。

もちろんね、コレ見て不愉快になる人もいるでしょう。 悪乗りしすぎ。 非人道的だ。 こういうのを見て楽しんでいるヤツは倒錯者。
まあ、その気持もわからんでもない。 そういう人は見るのをやめて、別の映画にしたらいい、それの方が精神衛生上よろしい。

こういう映画を楽しめる人は、

ヒューマニズムなんて糞食らえ、悪乗りサイコー!

ってノレる人。 良識ぶって真面目に見たらこの映画は面白くないに決まってる! とことんバカになって楽しむ、これだね。

え? それじゃダメ? 万人受けする感動作を作れ? うるせー、黙ってマイブルーベリーナイツでも見て感動してな!



追伸、今日の文章はB級テイストにしてみました。 たまにはどうでしょうか、こういう文体も。 
スポンサーサイト

テーマ : アドレナリン2 ハイ・ボルテージ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。