スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Payback

Paybackにはいくつか意味があります、一つは「払い戻し」や「返金」という意味、もう一つは「仕返し」という意味。

映画 Payback はまさにダブルミーニングなタイトルで、メル・ギブソン演じる主人公ポーターの裏切とられた金の奪回と復讐を描いたハードボイルドアクションです。


あらすじ


盗みを生業とするポーターは相棒のヴィルに誘われてチャイニーズ・マフィアから大金を奪い取る計画に乗った。 仕事自体は上手くいったが当初の予想を大きく下回る14万ドル(日本円でおおよそ1400万円)の儲けにしかならなかった。
山分け一人頭7万ドルでポーターは満足だったが、マフィアに13万ドルほど借金をしているヴィルには足りなかった。

そこでヴィルは逃走用の車を運転してきた妻のリンを誑かし、ポーターを裏切った。 銃弾を二発受けて瀕死の重傷を負ったポーターであったが、ヤブ医者の“懇親丁寧な”術式によりなんとか一命を取り留めた。
裏切りから5ヶ月後、誰もがピーターは死んだと思っていた。 だが、彼は帰ってきた、自らの取り分7万ドルと復讐のために。



いいですね、最高ですね、このハードボイルドなテイスト。
ストーリー自体は単純なんですが、だからこそ面白い。 確かに 『主人公がトントン拍子に上手く行き過ぎ』 という指摘もあると思いますが、私にはこういう軽妙洒脱というか、サクサクと進む方が面白いし、見ていて飽きないです。
それに大物俳優がチョイ役で出過ぎw しかも、大半があっさり死ぬ。 こういう勿体無いというか無駄遣いというか、良いですね、面白い。

機会があればまた見ていみたい、そんな映画です。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。