スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車であの娘を浚いに行くのさ

タイトルはなにかの“青春小説”の好青年が抜かしそうなセリフ あるいは ロリコン、メタボ、ハゲの変態オヤジが幼女を誘拐する前に必ず言う決め台詞のような……前者はともかく後者の意味だとしたらかなりヤバげですが、大丈夫、懇意にしているような女もいなけりゃ、三次元のロリコンに一厘も興味がない私、ジャッペルです。
はい、今回も無意味で、かつ長い紹介ですが、みなさん、こんばんは。

先日の、健康増進の為に始めたサイクリングも順調に続いております、とはいえ、まだたった“二日目”ですが。

さて、夜中に、自転車乗るにしても、散歩するにしても、必要なものがあります。 そうです明かりです、つまり端的に言うと懐中電灯です。 自転車には電池式のモノと、タイヤの横を嫌がらせのように並走させられて、回されて、ウィーンって唸り上げて明かりを灯すシステムの二つがありますが、私は後者のイジメシステムを使用しています。

で、イジメシステムって半永久的に明かりが付いちゃうんじゃねぇの? なんて思ってましたけど、どうやらそうでもないみたいで。 走行途中でいきなり消えました、そうです、いきなり真っ暗です。

こんなとき頼れるのはまだ暗闇に慣れていない視神経と街灯だけです。 あと1kmで自分の中での大台10kmに到達しそうって時にライトが切れるなんて、コイツはライトの分際でツンデレなのか、いや今まで明かりがついていて急にそっぽ向いたからデレツンか。 ま、どっちでもいいけど、こんちくしょうイジメシステムの分際で生意気な、こっちとら携帯の明かりを代用して……なんて意気込んで携帯電話を取り出して道を照らしてみても、効果なし……ヤル前から薄々解っていたけども、あまりにも頼れない光に失望したよ!

危ないからとりあえず降りて自転車を押しながら、部活帰りの美人に話しかけられるのを期待でもしようか、いや話かけられるまで押し続けようか……なんて、変な漫画の読みすぎで頭が変になっていましたが、結局“暗闇の中を走り続ける”とさらに危ない行動を選んでいました。
もう、これで職質されたら完璧OUTだよね、桐野夏生だよね、って感じ。 

「君、その自転車盗難保険入ってる?」
「入ってませんけど」
「その自転車、君のものだって証明出来るものなにか持ってる?」
「ここには無いですけど」
「ちょっと交番来てもらっていいかな?」

って、具合になるのではないか? と思い、警察の、国家権力というやつの恐ろしさから逃れるため、家に向かってフルスロットルで爆走しておりますと、なんだか前方に人影が。
おお、漸く私の目が暗さに慣れたのだなって喜んでいたら、急にその人が消えました。

え、え、え、え、幽霊!!!!

と私の頭はパニック!、あのポケモンショックの映像を間近で見ていて何でもなかった鈍感な私の脳味噌がですよ! コイツは非常事態だ!! って一人焦っていたら、なんということはない、その人は

コケた

だけでした。 コケて一瞬私の視界から消えただけでした。 もう、夜中にビックリさせんなよ。と心で愚痴りながら自転車を所定の位置に片付け、玄関の鍵を開けて、入って、手を洗って、飯食って、風呂入って、クソ垂れて、寝ようと思いながらネットして、なんかまったりして、で寝ました。

えっと、特にオチはないですが、そんな感じで生きているってことが報告したかっただけです、はい、では。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。