スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速読というものを習得してみたい

私の部屋にはいわゆる積み本とかいうのがある。
部屋の脇に固めているのだが、そいつがまさにバベルの塔よろしくと言わんばかりにデカくなってきている。 かれこれ下のほうにある本は3、4年前購入した本なので、わずかそれぐらいの年月でこんなことになろうとは思ってもいなかった。

この便秘にも似た、消化しきれていない本が沢山積まれている。 この聳え立つブックタワーがもし地震などで倒れてしまうと睡眠中の私は下敷きになってしまい、下手したら死んでしまうのではないかと日々恐れている。

これではまずいので、なんとか速読法でもマスターしたいとググッてみたら、結構ヒットした。

とはいうものの、講習会や教室というのはまず東京などでしかやってないし、アマゾンで速読の本を調べてみても業者による“お褒め”コメントの書き込みがあまりにも多くて、どれがいいのか信用出来ず……どうしたらいいものか。

とりあえず
業者にはほんと消えて欲しい。

さて、こうなったら自分でなんとかするしかあるまい。
基本的には早く読めてかつ内容も理解できるというのがベストであるから、それを目指そう。 ということは現在、私の読書時における視線の移動を速くするしかないのではないではなかろうか。

ストップウォッチやあるいはアラームを使って一冊○○分で読むと決めて、その速度で読みきれるように訓練するというのが一番現実的な方法ではないだろうか?

ということで、早速ストップウォッチとアラームを買ってきました。
よし、やるぞと行き込んで、気づいたらインターネットをやっている私w

大丈夫なのだろうか……うーんw
スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。