スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(アメイジング・ワールド 勇士の帰還)

父の影響で、映画を毎週末二本ぐらい見るという生活を小学校高学年から続けている私ですから、もうB級、C級……と呼ばれるような映画を“タックサン”見てきましたが、今回見たアメイジング・ワールド 勇士の帰還はC級を超えるD級、糞なんてレベルじゃねーぞってくらいの内容です。

もう、どっから突っ込んだらいいのか分からないくらいダメダメで、グズグズ。 監督の自己満足でオナニーみたいな内容、こんなの金かけてよく作ったなって“逆に”褒めてあげたいくらいの出来栄え。

家で見ていたのですが、途中退屈過ぎて寝てしまいそうになり、なんとかそれを我慢しようとコーヒーを何杯も飲み、背筋をピンと伸ばし、手のツボを押して、ミンティアとフリスク食べて、それでももうダメ、眠たい。
これほど酷い映画はむしろみなさん見た方がいい、今まで糞だと思っていた映画が実はマシだと気づきます。 唯一の見どころは敵役である大学の新学長、彼の死に際でしょうか。 古典的ギャグをあんなところで使うとは……斬新すぎて(苦)笑いが止まりません。

ちなみに、原作は The Colour of Magic この綴りからもわかるようにイギリスの作品(コミック)だそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

始めまして、こんなに酷いのは初めてです。しかも、なんであんなにながいんでしょうか。
Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。