スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(Doomsday)

元日始まって早々にこんな映画を観る私は多分変人。

ということで、これ

DOOMSDAY

を見ました。
レビューは私よりもTwitterでよくお話するSTEEL13さんのブログの方が読み応えがあるので、そちらの方を参考にしてもらえば……よろしいかとww

Drastic Dramatic 『DOOMSDAY(原題)』ボンクラ魂溢れる熱いオマージュの数々。観た日がまさにドゥームズデイ!』

いやあ、グロいとか気持ち悪いなんて感情よりもまず面白いって感情が出てきましたね。
これは極上のコメディ映画ではないかと思います。

人の生き死にをいとも容易く踏み躙り、それをハハハと下品極まりなく笑い倒す。 勘違いされませんように言っておきますが、この表現は皮肉ではなくて賛辞です。
映画とは本来、人間の深層下に潜むエゲツないグツグツと煮えたぎるおぞましい欲望とか、怒りとか、願望を表現してなんぼじゃないかと思うのですよ。

それを見事に表現したこの映画……サイコーだよ!

こういうサイコーに下品で、頭悪ソーで、キチってる、そんな映画なんてめったに無いですよ!!(褒め言葉)

こういう映画が世間では評価されませんが、私は好きです、大好きです。

確かに、家族やカップルで見ることはおすすめできませんが、男同士で、あるいはひとりで、最高に陰鬱な時にこれを見れば、ウツなんて一気に治りますね。

極上級のプロザック!

これを読んでいる、憂鬱なあなた。 こいつを一発見て、スカッとしてみてはいかが?
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。