スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最萌トーナメント 学校編 ブリーフィング

漫画でも、アニメでも、ゲームでも、ドラマでも、学校というシチュエーションを使った作品は多いですよね。

私が思うに、それは多くの人が学校というものを経験しているから内容に多少の違いはあったとしても受け手がある事柄に共感を得やすいからでしょう。
で、大抵の物語の軸は

1 教師と教師
2 教師と生徒
3 生徒と生徒

とまあ、単純にコレだけ。
学校ものを取扱う作品は必ずこれらの関係を持った人々が出てきます。
問題はこの3つの内どれに焦点を当てるかです。 全部もよし、1と2の教師と教師、教師と生徒もよし、色々あると思います。

私見ですが、「萌え」を重点においた場合、1の教師と教師の関係を軸にした作品は少ないように思えます。 現実では確かに先生同士の職場結婚はよくありますが、それを主眼にした作品は…あまりないでしょう、職場結婚の内容なら生徒を描かなきゃならない学校なんかより、純粋に当人たちだけを描ける一般企業とかで話を展開した方が楽でしょう。


さて、グダグダと長い説明を終えまして考えられるシチュエーションを考えてみましょう。

まずは1の教師と教師
いわゆる同僚同士ですので、まあ、適当に付き合ったらよろしいでしょう、同期、あるいは先輩後輩とか、ただ単純に飲み会でも良いでしょう。
教諭同士においては一部の役職(教頭とか)除いて、一般教諭同士の中にはさほど差がないと思われますのでテキトーにやって頂戴ってかんじ。
あ、でも不倫というのが出来ますね。

2の教師と生徒
そもそもの教師と生徒という関係は教師の方が力関係では上です。
ですので、力関係では上の教師が生徒をその力で我が物にするか、思慕する生徒が言い寄るか、先生がなんらかの弱みを握られて立場が逆転して云々…ぐらいでしょう

3の生徒と生徒
本質的には1の教師と教師と一緒なのですが、あちらは別に先輩だからとか、後輩だからというのが稀薄なのに対して、学校における先輩後輩の差は、部活というものに限っていえば結構あります。
新入りは、練習着の洗濯しろとか、グランド走れとか…ね
仮に高校生の主人公とし、学年を2年生だとします。
3年生が上級生、先輩。 2年生が同級生。 1年生が下級生、後輩。

まず上級生と主人公、この場合は、先輩の方が優位で、どちらかというと偉そうな態度をとるでしょう。もちろん、その逆で先輩なのに…優しいというのがウリにも出来ます。 あと特殊なものとして生徒会長やなにかのまとめ役というのがあります。

次、下級生と主人公、この場合は先ほどの逆で主人公が優位です。 主人公自体がどのような態度に出るかによりますが、大抵は先輩というものに萎縮して言う事を聞くというのが多いでしょう。 もちろん逆に反発するのもアリです。

さて、問題は同級生。
はっきりいって制約がない。
本当は1歳や2歳の年齢なんて関係ないと思いますが、同級生には幼馴染みという設定が多い。
細かなものを挙げるとキリがありませんが、学級委員長はこの同級生しか出来ませんね。

例外的に全てに使えるのは、学園のアイドル、マドンナ、などといった一部のコミュニティーでしか通じない称号をもった人でしょうか?


どういうのが良いでしょうか。
次回、さらに細かく考えて、その良し悪しを考えてみます。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。