スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のビニール紐事件

一昔前に話題となった「探偵ナイトスクープ 謎のビニール紐事件」について。

「探偵ナイトスクープ」をよく見る人は分かると思いますが、あの番組はたまに投げやりに終わることがあります(小枝さんの小ネタとかね)。しかし、正式な“捜査打ち切り”になった事件は後にも先にもこの依頼だけで、しかも映像の終わりの方にこんなテロップを流したのもこれだけです。


さて、肝心な内容は下の動画を見てもらうとして


Watch è¬�ã�®ã��ã��ã�¼ã�«ç´� in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

後に広まった都市伝説(ネットロア)の内容を知っているとこの動画は少々怖く感じますが、そういった予備知識がなければ「多少、後味が悪い回だな」って思うくらいでしょう。


さて、話の概要としては

1、大阪鴻池新田在住の依頼者がガードレールや電柱に結び付けられた大量のビニール紐について探偵ナイトスクープに調査を依頼する。

2、番組から派遣された探偵・トミーズ雅が調査を進めてみると、問題のビニール紐は周囲2~3km内にたくさん結び付けられており、誰の仕業によるものかを知る者はいない。

3、調査で訪れたある文房具店では、さまざまな色のビニール紐が売り切れていたり、売り切れ寸前であったのを発見。店主に事情を聞くが誰が購入したか分からないと言う。

4、依頼者の店舗から約3kmのところ、これより以南には紐が結び付けられていないという電柱を発見。近くのガソリンスタンド(おそらく少しは移転しているだろうが、楠見橋の近くにある交差点のガソリンスタンドは一軒しかなく、それも動画に移っていたコスモ石油はコレだけ)


大きな地図で見る

に設置された洗車機の裏、そのホースにはぎっしりとビニール紐が結び付けられており、店長に「不気味じゃないか?」と訊いても「むしろキレイ」とはぐらかされた。

5、そして依頼者に状況を報告。「以後これに関する情報は受け付けない」というテロップとともに捜査は打ち切り。 担当探偵のトミーズの雅はスタジオでの報告で、なぜかアメリカの芸術家の話をし出す。

ざっと、こんな感じでしょうか。


次に、よく知られている「謎のビニール紐事件」に関する都市伝説を分類すると、以下の通りになります。

1、単なる嫌がらせ説

2、知的障害者またはそれに準ずる者が事件の犯人ではないかという説

「ビニール紐は知的障害者の人がくくっていた」

とか

「北野誠が以前ラジオで『心の病気の人の仕業やったんです』と発言した」

とか

「くくりつけている人が判明し、事情聴取にて『どうして、ビニールひもでくくるの?』『なんのためにこんなことするの?』と聞いてみても『わからへん……でも、くくらなあかんねん……』と答えていた

というのがあります。


3、結界説
ナイトスクープに出演しているタレントが自らのラジオ番組内で、「ああいう結界の張り方があるらしい。うちの前の電信柱にも紐がくくられていたが、今まで一度もこの電信柱には立て看板がかかったことはない」と話していた


以上3つ。
個人的には「1、嫌がらせ説」というのは違うように思えます。
というのも、嫌がらせの割にはあまりにも広範囲であること。これだけ人に知られず、大量のビニール紐を結ぶには夜中しかないのでかなりの手間がかかる、こんな面倒なことをするくらいならもっと手っ取り早く、そして効果的な嫌がらせ方法があるので、そっちをすればいいのではないでしょうか。

次に「2、知的障害者などが犯人説」
ご存じの通り、北野誠の発言には毒っ気があり、また笑いのために根も葉もないことをいうことがあるので、あまり信用できませんが、動画内での文房具店主とトミーズ雅のやりとり

雅「コレ(黄色い紐)誰買いました?」
店主「知らん、知らん」

というやり取り。
知らないと言いながら、最近「黄色のビニール紐」が相当数売れたことや「青色のビニール紐」も結構売れたということを覚えている不思議さ。確かに在庫管理をしていたら分かると思いますけど、守秘義務もないような文房具屋の店主が頑ななまでに「知らん」という必要はありません。

次にガソリンスタンド。
店員たちの間では「あれなにやろな?」と話題になっているのに関わらず、店長は気にする様子もなく「賑やかでキレイだ」という始末。まあ、興味がなければ全く関心を示さないだろうし、店員が「なんですかね、アレ?」と訊いても「そんなこと知らない、さっさと働け」って言えばいいわけですが……
しかし、万が一ビニール紐が洗車機の一部に引っかかったり、ホースが詰まったりしたら迷惑なので普通なら切ると思うんだけど、あの店長はあまり気にならないご様子で。

そして最後に「3、結界説」
結界に関する知識はないですが、あの結界は日本や大阪、あるいは鴻池新田のある東大阪市といった大規模をカバーしているものではないでしょう。とはいえ鴻池新田周辺はきっちりとカバーしているので、もし自分の住居の周りに結界を張るのが目的ならば充分でしょう。


「2、知的障害者などが犯人説」や「3、結界説」にしても、憶測の域を出ません。しかしながら、最後のテロップといい、またトミーズ雅の応対といい、おそらくテレビ局が触れるにはあまりにも気まずいものが原因だったのは間違いないでしょう。
でも、それなら出演者の人たちにも事情を知らされてもいいはずで、スタジオで他の探偵たちが「(ビニール紐が)生えてきたんと違うか?」といった茶化したコメントが出てくるっていうのは変な話です。

ということはやはり捜査の途中で、トミーズ雅含めた撮影クルーたちが、捜査する過程で言いようのない不気味さを感じ、怖気づいて中断したってことなのでしょうか?

そういえば、昔ネットでオカルトな話を読み漁っていたら「つりさがり」というのがあって、それに似てるかもとふと思いました。

あと、ビニール紐事件のことを調べていたら「良い宇宙人と悪い宇宙人,宇宙の真相」というのが引っかかりました、どうやら避難用の紐について真剣に話している様子。

電波ですねw



追記。
平民金子さんの記事を読んでの考察



あと、この記事にコメントくれた人ありがとう、長年の謎が氷解しました(コメント欄は下にあります)
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

いわゆる知的障害者の方がやったことと地元の方から聞きました。

No title

コメントありがとうございます。

なるほど、それならば、捜査打ち切りになるでしょうね。情報ありがとうございます。

No title

とある某サイトから

結構昔にあったんだなこんなの携帯電話を見ると大分前ということがわかるな

今も在るんだろうか

コメントありがとうございます

名無し@まとめいと さんへ。

放送されたのが1992年だそうです。もう10年以上前になりますね。
今もビニール紐があるのかどうかは、分かりません。

No title

2010年までその近辺に住んでおりましたが、
記憶にありません。
あの撮影場所はJR鴻池新田駅下車
線路南側を徒歩2-3分ほど東へあるいたところ
現在は自転車です。 目印としてセブンイレブンが目の前にあります。

No title

~このヒモが今まさにある存在によってくくりつけられようとする~
ところを見たという平民さん

”ある存在”という言葉・・・これ、人だったらこんな表現使わないと思う
知的障害者が犯人だったら”ある人物”でいいはずでは・・・

昔この界隈に住んでいた者ですが、心当たりが一つ。
当時、この界隈に変わり者のおばさんが住んでいました。
どうういった変わり者かといいますと、人と会うと知り合いでなくても、そして夜であっても「こんばんは」と挨拶、家は掃除しないが朝から夜中まで外を箒で掃いている、会話が全く噛み合わない、夜中に家で奇声を上げる、怒鳴り散らすなど、とにかく変わり者でした。
その当時は一般的に認知されてませんでしたが、今で言うところの精神疾患者であったと思います。
この人が早朝から夜中まで、時間のあるかぎり自宅の半径1キロを掃除して回っておりました。
つまりは、ビニール紐の範囲内です。
そしてその範囲が示すのはこの人の住む地域の学区でした。
その人が掃除を終えた場所にビニール紐をくくりつけていたのを何人もの人が目撃しております。

何人もの目撃の話、ナイトスクープならすぐに調べがついたのではないでしょうか?
そして会いに行けば上記のような変わった人物…。
放送局としては当然、重度の精神疾患の可能性のある人物をバラエティー番組のネタとして使えませんよね。
僕自身が紐をくくりつける姿を目撃したのではないので、あくまでも推測の域を出ませんが、この当時のこの地域の出来事です。
ちなみに放送後、このビニール紐がくくりつけられる頻度が大幅に減ったのは当時の地域に住む人たちの間では有名な話です。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。