スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿倍野ハルカスに行く

どうも、みなさん、お久しぶりです。じゃっぺるです。
あのー、突然ですが、皆さんには伯母さんっていらっしゃいます? ぼくにはいます。それもやたらと「せっかく、大阪に住んでるんだからハルカスに行ってきなさいよ」とステマのように、ハルカス行きを勧めてくる伯母さんです。まるで近鉄社員であるかのように大プッシュしてくるんですが、一体どうなっているんでしょうか。近鉄社員ではなかったはずなので、もしかして、近鉄の株主なんでしょうかね?

そんなことはともかく。とっても伯母思いのぼくは、伯母さんの言葉に従って、阿倍野ハルカスへと行って来ました。ハルカスの最寄り駅である天王寺駅を目指して、環状線へ乗り込んだまでは良かったものの、電車の揺れに身を任せていると寝てしまって、気付いたら天王寺の次の駅、新今宮駅でした。
あ、そうそう、皆さん知ってました? 新今宮って、寝ぼけ眼の青年(ぼく)に対して「なにしとんじゃ、ワレ?」って怒鳴ってくる変なおっさんがいる駅なんですよ。怖いですよね。せっかくの日曜だというのに、おっかないですよね。ノー・ハートフルですよ。まるで、ニューロマンサーの冒頭に出てくるチバみたいなところですよ。そんな修羅の駅から、やっとのことで天王寺へ。

もうね、ハルカス、デカすぎ。なんだ、あれ。伝説の剣か? ってくらいハルカスの周りには何もない感じ。で、聳え立ってる。すんごい屹立しちゃってる。ドルアーガの塔もびっくりするレベル。そんな魔界へと足を進めてみると……あれ、驚くほど見どころがない。
ビル全体が近鉄百貨店かと思いきや、半分ぐらいしか近鉄は入っていなくて、あとはホテルとか、貸オフィス。それだけなんですよね。まだグランフロントのほうがお店多そうって思えます。

あ、そうそう、忘れちゃならないのが展望台と屋外広場。展望台は……どこにでもあるって言ったら怒られそうだけど「ああ、展望台だな」って思うしかないような感じ。で、問題は屋外広場、これが野ざらしなんですよね。まさかの天井なし。どうなんだよ、それって。
例えば、例えばですよ、馬鹿なカップルがいて、そいつらがプロポーズするためにハルカスの展望台に行ったとしますよね。天気が悪い、視界が悪い、彼らの前途も暗い、はい残念! で終わりですよ。
じゃあ、ついでに、屋外広場でプロポーズするとしますよね、んで、まさかの土砂降りになったら、プロポーズなんて断られますよ。そりゃ、千年の愛も、ひと降りの雨でふっとんじゃいますよ、多分。ま、展望台でプロポーズなんかしようっていうカップルなんか、ムカつくだけの存在なので、消えちゃえって毎日365日思っているので、それはそれで良いことであるというか、ハルカスすげぇな。カップルの仲を裂くなんて、やるなハルカス! とおもった今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。