スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手直し等はまた後で

人間椅子の新譜「萬燈籠」を皆さん聴いてますか? 私は、もう、耳から血が出るほど聴いてるんですが、いいですね、良い曲ばっかりです。
さて、最近のアルバムには必ず一曲、セリフが主な曲が収録されています。ざっくりといえば、まるで筋肉少女帯とかSound Horizonを髣髴とさせる曲です。

で、今回のアルバムのセリフ曲は「十三世紀の花嫁」です。
解説とかはまた、あとでしますので、とりあえず、聞きとった歌詞を。




優しさが街角で売られている 大量生産されたサンダルと並んで

ケバケバしいお為ごかしにくるまれ 上品そうな顔をして棚を埋めている

13世紀の結婚式のあの日 花嫁の頬には質朴さと羞じらいだけがあった

手弱女の方程式は無限に祝福を繰り返し 宙を舞うブーケには無償の愛が込められていた

幸せってのは手に入れるもんじゃない 小賢しさを捨てて初めて人は優しくなれるんじゃないのか


ルルル 心に灯を ルルル 面に微笑みを ああ なぜに 人は 迷う


キリストを芸術家だと言ったある絵描き 貧しさの背後に見たものは運命のきらめきだった

家畜小屋の穴塞ぎに使われたその絵は 画廊で朽ちるより人の役に立つことを選んだ

五人しか読者を持たなかった狂える哲学者 誰よりも絢爛な夢を紡いだ盲目の詩人

栄光を何かの代償と呼ぶのは容易い 賞賛の道は追う者に遠ざかるものだからだ

愛ってのは蓄えるもんじゃない 何もかも失ってそれでも人に捧げられるのが愛じゃないのか


百万遍の 悔恨の涙 慟哭の果て 清浄の地平 誰もが無明で 誰もが光明

千万遍の 妄執の焔 恩讐の果て 寂滅の世界 全てが自由で 全てが豊饒


束の間の休暇が待ち望まれ費消されていく 天然の美と人口の楽園への逃避行

自分を探すためにあるいは慰めのために だが偉大な教師は心の中にのみ眠るだろう

灯台のサイレンは今も警告を発している 荒くれた海を漂う木の葉に向かって

木の葉こそ大木の投影に他ならないことを 泡立つ世界は木の葉の幻影に過ぎないことを

頽廃ってのは放埒を言うんじゃない 人生を預けた時から自ずと人は没落していくんじゃないのか


心に灯 面に微笑み 心に灯 面に微笑み



今回、聞き取りに自信がない歌詞は「栄光を何かの代償と呼ぶのは容易い」と「だが偉大な教師は心の中にのみ眠るだろう」です。
他は、多分あっている思います。
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。