スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剛力さん家の彩芽ちゃん

Twitterをやっていると、ほぼ毎日「剛力彩芽」という名前を目にします。大抵は批判的で、酷いものだと「ブス」って罵られています。

告白すると、私もよくそうやって剛力彩芽のことを批判……もとい、disっていました。ただ、真面目に論じると、別に剛力彩芽のことをブスとは思いませんし、特段ウザいとも思いません。そもそも、彼女のことを批判する際、私の心は「奴をこき下ろしてやる!」なんていうネガティブな感情よりも、むしろ「イジりたい。イジらないと損する!」って妙な気持ちのほうが強いのです。

つまり、彼女はネタ要員として抜群なのです。正直にいって、一般生活で彼女に出会えば、間違いなく「可愛い」と評していることでしょう、眉毛は太いし、妙なバランスの体形だけど、それでも、まあ、可愛いです。
しかし、選別された環境、篩にかけられた環境。つまり芸能界という特殊な環境において、彼女は決して綺麗とはいえないと思います。それこそ、全国から、全世代からの美人が集まっているわけですから、そんな中で「美人」と評される人なんて一握り中の一握り。宝くじに当たるよりも難しいでしょう。

ともかく、芸能界という特殊環境において、まあまあな顔なのですから、それだったら演技や歌唱力、あるいはトークセンスを磨くべきなのに、彼女の事務所が無能なのか、それとも彼女に素質がないのか、彼女のそうした能力は、まったくもって発達していません。仮に彼女が絶世の美女だったとしても、いずれ顔の美しさや、体の均整というのは年をとればとるほど失われていくでしょう。

だからこそ、です。だからこそ、彼女にちゃんとしたコーチをつけて、芸事に関する技術や知識を習得させるべきだと思います。そうなれば、きっと、剛力彩芽は単なるアイドルあがり、モデルあがり、あるいは二世あがり、なんて評されず、立派な演技をする女優として扱われるでしょう。勝手なはなしですけど、そういう風になって欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。