スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(ゴーストライターホテル)

<我輩は幽霊である>


ゴーストライターホテル [DVD]ゴーストライターホテル [DVD]
(2012/07/11)
阿部 力、坂本 真 他

商品詳細を見る


基本的に「沖縄国際映画祭出品作品」と銘打たれていたら観ないことにしている。理由は簡単、おもしろくないから。吉本興業が何をトチ狂ったのか始めた映画祭だけど、全く何の効果があるのか、何を狙っているのかが、いまいちよく分からない。芸人を映画業界にドンドン送り出してるものの、一向に芽が出ないし、評判もよくない、赤字なのだから吉本もさっさと止めちゃえばいいのに、と他人ながら思う。

ま、それはともかく。繰り返すことになるけど、私は基本的に「沖縄国際映画祭出品作品」と書かれた映画は観ない。でも、この「ゴーストライターホテル」だけは「この世を去った文豪たちが、駆け出しの作家のために現れて教授する」というコンセプトに惹かれて観てみた。

結果から言って、幾つか残念なところはあるが、面白い作品だった。

仕事には恵まれず、妻に見捨てられた男が一念発起して、文豪たちの助けを借りながらも傑作小説を次々と書き上げていくというのは、ありそうでなかった話だと思う。コンセプト、内容自体は特に問題ないが出演者に問題がある。
芸人たちが演じる文豪が、文豪らしく見えないというのが一番の問題。かろうじて服装で「ああ、夏目漱石か」 「ああ、江戸川乱歩……だよね?」と判断せざるを得ないのは辛い。もうちょっと“らしく”見えたら良かった。

次に気になったのは文章。おそらく、夏目漱石や太宰治といった小説家のファンから怒られないよう配慮したせいだと思うんだけど、主人公が文豪と書き上げた文章というのが劇中一切登場しない、それって、なんだか寂しいように思う。もうちょっと時間をかけて、それっぽい文章というのを少しでも良いから見せて「夏目漱石ならそんなこと書きそうだよね」みたいなことやって欲しかった。

あと、主人公の敵として出てくる売れっ子作家、そのゴーストライター役として出てきた人、誰だか分からないけど演技下手すぎ、興醒めした。文豪役の芸人よりも下手クソなのは……ダメだよねぇ。

ま、そんなわけで、コンセプトと内容自体は面白く、また分かりやすいので家族で観るのにオススメ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。