スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(トランジット)

<なぜ一家は追われるのか?>

トランジット [DVD]トランジット [DVD]
(2012/05/16)
ジム・カヴィーゼル、ジェームズ・フレイン 他

商品詳細を見る


あらすじ
現金輸送車を襲った強盗団は検問を突破するため、奪った金が詰まった鞄をある家族連れの車に忍び込ました。目論見通り家族連れの車は検問を突破、強盗たちは鞄を取り返そうと家族連れの車を煽り、無理矢理止めさせようとするが……


脚本がダメダメというか、登場人物たちの動機付けがあまりにも不自然に描かれており、見ていて非常に違和感を感じる作品でした。見直したいと思わないので、記憶を頼りに列挙していきますが

外部との連絡を取るための携帯電話を捨て出す。
強盗たちに恐怖し、自宅へ帰ろうと提案する妻と子供を無視してキャンプを続行しようとする父親。
父親を微塵も信用してない家族。
銃で撃たれて川側に転落した筈なのに、手にしていた無線機がなぜか陸地で見つかる矛盾。
AK-47があるのに全然使おうとしない家族。
物語の最後、一切出てこない次男。

普通、物語に矛盾があっても、それを感じさせないように描くのが普通です。しかし、この映画はその努力が一切見られない、ちゃんとスクリプトドクターに見せたんですかね、コレは?
アクションシーンはなかなか見所があるんですが、いかんせん脚本が“全く”練られていないせいで、駄作に堕ちた作品です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。