スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァリス

ヴァリス (創元推理文庫)ヴァリス (創元推理文庫)
(1990/06)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る


ある知り合いがサンリオSF文庫のヴァリスを持っていたので借りてみたところ、案の定意味不明。しかも、これがヴァリス三部作の第一作であるというのだから、あと2冊もこんな衒学的な小説があるのかと思うと読み切れる自信がない。でも今までに読んだことがないような、部類としてはボルヘスのような小説で、個人的には嫌いじゃないので、ぜひ頑張って読んでみようと思う。

ちなみに二作目は

聖なる侵入

聖なる侵入 (創元推理文庫)聖なる侵入 (創元推理文庫)
(1991/01)
フィリップ・K・ディック、大滝 啓裕 他

商品詳細を見る


三作目は

ティモシー・アーチャーの転生
ティモシー・アーチャーの転生 (創元SF文庫)ティモシー・アーチャーの転生 (創元SF文庫)
(1997/02)
フィリップ・K. ディック

商品詳細を見る


にしても、サンリオSF文庫ってニッチな小説ばっかりラインナップしてたんだんぁと改めて実感。
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。