スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(MAD探偵/7人の容疑者)

<お前の本当の姿は怯えた少年だ>

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]
(2011/08/02)
ラウ・チンワン、アンディ・オン 他

商品詳細を見る


ジョニー・トーの「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」を観ようとTSUTAYAに行ってみたならば、なんと取り扱っていない! じゃあ、仕方ねぇなと借りてみたMAD探偵、存外に面白かったです。

猟奇殺人であろうが、怪奇事件であろうが、見事犯人を突き止める名捜査官として名を馳していたバン。しかし、普段からの奇行が災いして5年前、警察をクビになっていた。
バンと入れ替わるように、警官として採用されたコウ。彼はある警官失踪事件を追いかけていた。捜査が行き詰まり、二進も三進も行かなくなったコウ。彼はかつて名捜査官と謳われたバンに捜査協力を依頼することにしたのであった。


よくMADとか、気違い、常軌を逸したと形容された物なり、人っていうのは「確かにイカれてはいるんだけど、ちょっと大げさに言い過ぎじゃないか?」というのも多々あります。しかし、このMAD探偵は違います。本当にイカれてます。まさに気違い。MADよりINSANEって感じです。
たとえば、自分がお世話になった署長が退職するとき、ほかの同僚たちは花束や金時計なんかを渡しているのに、バンは「彼(署長)には人格が一つしかない」とか言って、無表情で自分の右耳をナイフで切り取り始めます。ゴッホです、完璧にあっちの世界の人です。

で、彼の捜査方法というのが、犯人になりきって犯行を再現し、そこから犯人を推理するというものなんですが、たとえばコンビニ強盗を再現する時なんか、何も知らされていない店員に向かって、人差し指と親指を立てて銃に見立てた手で「バン!」とか言い出す始末。店員唖然、同行しているコウも唖然、でもバンは絶好調。もう、ほんとに危険。とはいえ、いかに気違いと思われる行動をしようとも、彼はちゃんと犯人を見つけ出すところが面目躍如って感じです。

さて、この映画のミソは終盤にバンが見る、ある人物のある人格なのですが、なるほど、因果は巡るよどこまでもって感じですかね。いやあ、不思議な映画でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。