スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫が読む乱暴者日記

子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)子猫が読む乱暴者日記 (河出文庫)
(2006/02/04)
中原 昌也

商品詳細を見る


この本は短編集なので、まあ一作一作の繋がりはありません。ですが、一貫して言えることが一つ、それは底のない絶望と、現実への拒否。もう、ナンセンスとしか言いようのない内容なんだけど、ぐいぐいと引き込まれてしまう。文体がいいのか、単純に文字が大きいのか、理由は分からないけども一気に読んでしまった。

ひとつずつの短編を解説したり、説明したり、あるいは批評したりすることだって出来るんだろうけど、今のところ私にはそんな能力はないし、あったとしても中原昌也の作品では出来ないと思う。
もう、なんというか、説明の出来ない共感と反撥がこの人の作品から見つけることが出来た。それが何か、やはり説明などできないのだけど、これからも彼の作品を読んでいきたいと思う気持ちは確かだ、確かに言える。作者本人は「どうせなら河出文庫の、他の作品読むべき」とか「章を取れば取るほど貧乏になる」だの「あとがきを頼んだが誰にも書いてもらえなかった」と全力でネガティブ発言して、読者を遠退けようとしているかもしれないけど、そうしたところがまた面白いので、やはり気になり、また彼の本を手に取ると思う。それでいいじゃないか、彼に多少は印税も入るだろうから、ちっとは生活の足しにでもなるだろうし。
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。