スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮の話をしてみよう その6

 今回は「流星人間ゾーン」
ゾーン
ニコニコ動画で知った人も多いのではないだろうか?
私もそれだけれどもね。
スカパーで一時期やっていたから、一応全話は見たのだけれども現在の特撮を見慣れてしまうとツッコミを入れてしまう作品だった。

以下ネタバレ
あらすじ
平和な星ピースランド星は、ガロガバラン星人の侵略を受けて壊滅。ピースランド星人たちはファミリーごとに宇宙船パンドラカプセルに乗りこみ、安住の地を求めて流星人間となった。彼ら難民のうち、地球に辿り着いたある一家は、地球人「防人(さきもり)家」としての生活をスタートさせた。
しかし、地球を第二の征服目標と定めたガロガは宇宙要塞ステーションを建設し、恐獣ミサイルを地球に送り込む。地球を第二の故郷と思う防人一家は、「新地球人」としてまた流星人間ゾーンとして、ピースランドの二の舞を阻止すべく、敢然とガロガを迎え撃つのであった。

東映が初めて作ったTV向け特撮番組。たしか普通にキングギドラとか出てたなぁ・・・
まぁ、いう事なく衝撃的だったのは、18、19話のガンダーギラス。ニコニコ動画でも上がっていたけど、あれはスタッフが遊んで作ったのか?って言いたくなるようなシュールさがある。木を引き抜いてフェンシングしたり、輪投げしたり、目を引き抜いたりと何か本当に理解に苦しむ回だった。
特に最後の首が飛んで血が出るシーンは、アマゾンの大切断で怪人が血を噴出している時に近い衝撃を受けたw

特徴として、この腕からミサイルを飛ばすのが素晴らしい。ウルトラマンとは違って何か...物理的破壊に近いものを感じる。
ちょっとリメイクして欲しいと最近感じているのだが、最近こういった衝撃が少ないからだろうかw
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。