スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(モンスター上司)


モンスター上司 ブルーレイ&DVD セット【初回限定生産】モンスター上司 ブルーレイ&DVD セット【初回限定生産】
(2012/03/02)
ジェニファー・アニストン、コリン・ファレル 他

商品詳細を見る


普段から私は「その邦題はどうかと思う」と文句ばっかり言ってたんだけど、今回の邦題は原題よりもいいなって思う。

本作の原題はHorrible Bossesといい、意味は「酷い上司たち」なんだけど、まあ個人的には「モンスター上司」の方が語感が面白くて良い。もちろん「モンスター○△□」って言葉が通用するのは、モンスター・ペアレントって用語が流行した日本だけだろうけども、まあ、それでもいい、海外に輸出したら良いと思うね。ちなみにアメリカだと「ヘリコプター・ペアレント」というらしい。

それにアメリカだとケビン・スペイシーは「イカレ野郎」、ジェニファー・アニストンは「人喰い(取っ替え引っ替え男を乗り換える女、ヤリマンの意)」、コリン・ファレルは「チンポ野郎」とまあ、これはこれでエグくて良いんだけど、「パワハラ」、「セクハラ」、「バカハラ」ってのは語呂が良くて、整っている感じがして良い。



……さて、タイトルのことはこれぐらいにしておいて、この作品の内容について。まず、全編を通して言えるのは下品、やりすぎ、ブラックユーモアがキツ過ぎ。

でも、個人的にはアリ。こういう途轍もなくオ馬鹿で、下品で、救いようがない笑いってのは好き! 特に殺し屋を呼んだつもりが、ある専門家が高級車に乗ってやってくるくだりは酷すぎて笑った。ほんと、くだらねー! って感じ。いいね、たまにはこういうのも、いいね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。