スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(マネーボール)


マネーボール [Blu-ray]マネーボール [Blu-ray]
(2012/03/21)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他

商品詳細を見る


正直に申し上げると、私はあまり野球というものに興味がない。じゃあ、なんで「マネーボール」を観たのかというと監督が「カポーティ」を撮ったベネット・ミラーだったから。あの人が撮る伝記物は総じて出来がいいと思う。
さて、この「マネーボール」という映画はアメリカの球団オークランド・アスレチックスのGMビリー・ビーンが、業界では際物と認識されていた手法“セイバーメトリクス”を用いて、僅かな資金で効率的に選手を集め、資金の潤沢な他球団と渡り合い、優勝レースに絡んでいくという話とビリー自身の人生を上手く交差させた内容になっています。

能力はあるんだけど奔放な私生活や性格のせいで蔑ろにされている選手、高年齢であったり故障しているけども実は出塁率が高い選手などを……つまり他球団から見放されたり、「ろくでもない」と誤った評価されている選手たちを集めて、金に物を言わせ優秀と言われる選手を集めた球団に勝っていく様は爽快です。
そんなことをいうと、青春ものやスポ根ものによく使われる「ありきたりな内容じゃないの?」と思われてしまいそうですが、そうした作品はたいてい「不良→野球に出会って改心→好青年」や「運動が苦手→悔しくて必死に練習→注目選手として大会出場」といった成長過程が描かれ、それが大きく勝因に反映されます。

しかし「マネーボール」はそうした成長を描いてどうのこうのって作品じゃなくて、選手が持っている実力を球団がいかに客観的に、かつ合理的に評価して、それを最大限に生かすのかを徹底すれば、どんな貧乏球団でも金満球団と互角に戦えるっていうのをを実践しているだけであって、要は発想転換の勝利なわけです。

統計によって選手を数値化し、それに基づいて行われる采配は、他球団やファン、果ては自球団の人間からも「お前の理論はダメダメだ!」と言われても、それでも自分がやると決めたことはやり貫通すというビリーの姿には強い感動を覚えましたが、しかし一方で「なんだかんだ綺麗事は言ってても、しょせん選手は商品とかパーツに過ぎないんだ」と思えてしまい、一気にゲンナリしてしまいました。

まあ、でも球団が勝つためには手段を選ばないという非常に現実的な行動なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。