スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮の話をしてみよう その4

今回は「仮面ライダー THE FIRST」
the ファースト
ネタバレ注意
あらすじ
本郷猛は、化学者として将来を嘱望される青年だった。しかし、彼の人生は、ある日突如として現れた謎の男たちによって、大きく狂うこととなる。本郷を拉致した集団の名は、ショッカー。社会の裏に暗躍する、謎の秘密組織である。ショッカーによって改造手術と洗脳を施された本郷は、バッタの能力を持った悪の尖兵――改造人間“ホッパー”として、破壊活動を繰り返す。
しかし、それは長くは続かなかった。ふとしたことから洗脳が解け、自我を取り戻した本郷は、自分の強大な力と、犯した悪事に対して、深い自責の念を抱く。婚約者を殺した犯人と本郷を誤解し、激しい憎悪を抱く緑川あすか。本郷に出来る事は、正体を明かさないまま、“仮面の男”としてあすかを守ることだけだった。
そしてあすかの前に一人の男が現れる。男の名は、一文字隼人。あすかに言い寄る彼の正体は、“裏切り者”ホッパーを抹殺するためにショッカーが放った、第2のホッパーであった。一文字は、本郷に向かって言い放つ。「貴様を殺し、あすかを俺のものにする」と。
愛する女のために、そして、「命」という美しいものを守るために……。2人の“仮面ライダー”の戦いが今、始まる。

このブログでも何度か書いたような気がする。
ストーリーは特に面白く感じないのだが、アクションが凄い。「変身!」と叫ばず、ベルトが回転すると変身し、マスクは自分で装着。素顔のままで戦闘なんて事もある。
ツッコミ所としては、洗脳済みの本郷猛が何故か雪を見て洗脳が解けたり、ヒロインがビッチだったり、バイクショップのおやっさんに法律違反のバイクを貰ったり、2人だけ訳のわからないラブコメしてる病気持ちのサブキャラクターがショッカー怪人になって普通に死んだりと、本当にストーリーは置いておいてアクションだけをただ楽しむ映画。

設定ではTV版とは逆で「力の1号」「技の2号」になっている。
2号の卍キックはワイヤーアクションにより滑らかになっていた。
何よりカッコいいのは、2人でショッカー軍団を前に決めポーズを取るところ。「変身!」と言わない分、ここがカッコよく見える。

ストーリーがいまいちなのが本当に惜しいところ。
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。