スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮の話をしてみよう その3

今回は『忍者戦隊カクレンジャー』
カクレンジャー

以下ネタバレ注意
あらすじ
戦国時代、時の忍者達は人間界を征服せんとする妖怪達と長きに渡る激しい戦いを繰り広げていた。戦いの末、鶴姫を筆頭とする5人の隠流忍者が伝説の三神将より与えられた「封印の扉」内部へ総大将ヌラリヒョンと膨大な妖怪エネルギーを閉じ込めることに成功。妖怪達は指導者と力を失い、衰退する。
それから400年。忍者が人の世から廃れた現代で今は一般人として暮らしている隠流の末裔達…猿飛佐助の子孫・サスケと霧隠才蔵の子孫・サイゾウの二人はふとした事がきっかけで人間社会に溶け込み隠れ暮らしていた妖怪カッパに騙されて「封印の扉」を開けてしまい、妖怪たちを復活させてしまう。
先祖代々「封印の扉」を見守ってきた鶴姫家の24代目・鶴姫は妖怪の復活を察知し、封印の5忍者の末裔、サスケとサイゾウそして三好清海入道の子孫・セイカイと児雷也の子孫・ジライヤを集め、ともに「カクレンジャー」として妖怪の再封印を決意する。
クレープ屋を営みながら妖怪封印の旅を続ける5人。しかし、てんでばらばらで動いていたはずの妖怪達の裏から邪悪なる存在が現れ、彼らは苦しい戦いを強いられるようになっていく。
彼らに待ち受けるものは勝利か、それとも敗北か。

現在何故かニコニコ動画で見れる。私も久しぶりに一話を見てみたのだが、あーこんな感じだったか、と完全に忘れていた。
この作品の印象って私の中じゃケイン・コスギだけなんだよね。
当時、こいつ何言ってんだ??
って、なってたけど結構英語しゃべってるからだったのね。

玩具も結構集めてたような気がする。シャークランチャーとレッドサルダーはかなりのお気に入りだった。
キャラクターとしてはニンジャマンが好きだったかな。

なんといっても忍法がとても面白い。変わり身の術が個人的に好きだったなぁ。攻撃されて、コスチュームがボトって落ちるとカクレンジャーが攻撃するっていうあれ。あれ真似して服脱いで遊んだ子供いたんじゃないだろうかw
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。