スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚人たち

筒井康隆の小説「虚人たち」を読みました。

虚人たち (中公文庫)虚人たち (中公文庫)
(1998/02)
筒井 康隆

商品詳細を見る


どう言えばいいのか分からないんだけど、ひとつ云えるのは「これは小説であって小説じゃない」作品だと思った。
すっごい前衛的というか尖ってて、小説家を志す人は一度読んでみたら良いと思うというより、読むべき。一見、内容が破綻しているんだけど、でもそれは本当に破綻と云えるのか。いや、それ以前に虚構とは何か。虚構を作り上げるというのはどういうことなのか、ということを改めて考えさせられる作品。

ただ、読むのがシンドイ作品。
今までの「小説」に慣れている人には、この作品がやろうとしていることが意味不明だから、決してスラスラ読めないし、退屈に感じると思う。それに、他の短編作品のように、筒井康隆独特の“切れるような鋭さ”というのがない。その代わりズブズブと鈍い音立てて、腑を抉るような切れ味の悪い、でも効果は抜群みたいなナイフに切られているみたいで、不快感がとてもある。

でも、今まで自分が持っていた「小説観」というのは見事に覆されるという類い稀な経験は出来ると思う。
もうすごい、こんなのってありかよ! って感じ。

ただ、読み返す気力はないですw
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。