スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(世界侵略:ロサンゼルス決戦)

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]
(2011/12/21)
アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス 他

商品詳細を見る


あらすじを書こうと思ったんですけど、書いている内に「あれ、これってブラックホーク・ダウン」じゃね? とか 「あれ、書き直してみたらプライベート・ライアンじゃね?」 とか 挙げ句の果てに「あれ、なんてこった、これって(FPSゲームの)Call of Duty Modern Warfareのミッションになかったっけ?」

というわけで、非常に既視感たっぷりの戦争映画だったわけです。
宇宙人なのに、もれなく薬莢も飛び出る弾丸とか使ってるので思わず「ビームは!?」と意味不明なこと呟いちゃいましたよ。ってか、気持ち悪く描けば何でもエイリアンって安直な発想はいかがなものかって思うね。ってか、これ独創性なくね? 色んな映画のつぎはぎじゃん。結局「アメリカ軍はすごいゼ!」「アメリカ軍は強いゼ!」「アメリカって素晴らしいんだゼ!」って自慢ですか。

でも、これでFPSゲーム作ったら売れると思うんだよね、ゲームとしてならなかなか面白いと思うよ!
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。