スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光へワッショイ

言葉自体は容易なのに、抽象的な内容で難解に仕上がっています。



君は日輪の眼を見たか はたと革命を待つ瞳 僕らが生まれてきたのは光になるため

日輪の眼:日輪とは太陽のこと。太陽の光が眼のように見える現象といえば、暈。英語ではHaloという。具体的にはこういうもの


だから遠くへ はるか遠くへ 飛ぶんだ


光へワッショイ 明日へワッショイ 未来へワッショイ 彼方へワッショイ 光へワッショイ 朝日へワッショイ 夜空へワッショイ 虚空へワッショイ ワッショイ

ワッショイ:祭りで、特に御輿を担ぐ際に使われる合い言葉で由来は「和を背負う」や「和上同慶」が転訛したというものから、ヘブライ語説まで諸説入り交じっています。
虚空:何もない空間。 仏教用語では、全ての物の存在する場所としての空間を意味する。


君は銀河の歌を聴いたか 永遠に生命讃えるメロディ 僕らに形があるのは力を貸すため

永遠に生命:ここでは「とわにいのち」と読む。


だから果てなく もっと果てなく 行くんだ


ワッショイ


君は大地の夢を知ってるか すべて黄金輝く世界 僕らに言葉があるのは 祝福するため

黄金:ここでは「こがね」と読む。


だから怖れず なにも怖れず 立つんだ

スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。