スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画バカ一代(リセット)

リセット [DVD]リセット [DVD]
(2011/08/03)
ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン 他

商品詳細を見る


私はあまりにもクソ映画に出会ってしまうと、変な妄想に耽ってしまいます。
それは

「この映画はあまりにも退屈だけど、それはきっと主題とは違うメッセージが込められていてそれに気付いていないからに違いない……では、メッセージとは一体何だろうか?」

とあることないことを詮索するのです。
とはいえ、この逃避にも似た妄想は、よほどの駄作、本当にクソで便所に流してしまいたいときでもないかぎりしません。

さて、このリセットはまさに妄想するのにうってつけな駄作でした。
クソ過ぎて評価に困る内容で、まさに時間の無駄でした。アイデアは割と面白いのに、いまいち生かし切れていなかったのは残念です。

えっと、今回はあらすじもレビューもせずに、鑑賞中に思いついた妄想を書いてみることにします。


最後に生き残った黒人少年と白人少女はオバマとヒラリーのことを表わしている。
彼らは選挙で敵対していたが、それでは国が抱える難問を解決することは出来ない。国の抱える問題、それはエネルギー問題。少女が持っていた懐中電灯は太陽電池で動くモノだった、これはオバマがいうグリーンニューディールの象徴で……

さあ、どうです、意味不明な妄想でしょ? こんな妄想がしてしまうほどに退屈かつ、監督のひとりよがりで終わっている駄作です、こう言いましょう

映画「リセット」のDVDを捨て、街へ出て違う映画のDVDを借りよう!
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。