スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶ円盤

オリジナル、和嶋のオカルト好きが色濃く反映された曲で、おそらく本人の体験が下敷きになっている。



あれは九ツ 秋の午後 笑うお日さま歌う風 のん気な父さん手を引かれ トンボのお遊戯見ていたよ 彼方からオレンジの皿


ずっと続くと思ってた おもちゃと怪獣いる世界 ネス湖の恐竜 雪男 お化けの気配におねしょして 冒険と活劇の日々

ネス湖の恐竜:UMA(未確認動物:Unidentified Mysterious Animal)の1つ。 一般的にも知名度の高く、通称「ネッシー」と呼ばれている。 作家・石原慎太郎はその存在を強く信じており、テレビ局とタイアップして現地で何度も調査をしたが見つけらなかった。 ちなみに証拠とされる目撃情報や写真などの大半は捏造されたものでデマである可能性が高い。
雪男:イエティやビッグフットなどと呼ばれるUMAのこと。 イエティはヒグマであると結論が出たし、TVなどでビッグフットを紹介する際に流される有名な映像(パターソンフィルム)に映るビッグフットは着ぐるみで、ニセ動画であった。
お化け:国によって連想されるイメージが違っていて、日本だと足のない幽霊が主流ですが、海外では生前とさほど変わらない姿で出てくると云われている。 ま、いずれにせよ大槻教授が「それはプラズマだよ、君、プラズマ!」と一蹴されそうですが。
おねしょ:5、6歳未満の子供が寝ている最中に催してしまうこと。 ちなみに5、6歳以上になってもそれが収まらない場合、夜尿症や遺尿症と呼ばれる。
活劇:アクションのことで、昔は、今なら「アクションアドベンチャー」というジャンルの映画なら「冒険活劇」と呼ばれていた。


子供の心になって 夜空を見上げてごらん そしたら 時空を飛び越えやって来る 虚空を飛び越えやって来る 今にも 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が

虚空:何もない空間。 仏教用語では、全ての物の存在する場所としての空間を意味する。
空飛ぶ円盤:はFlying saucerやFlying discの訳語。 UFO(未確認飛行物体:Unidentified Flying Object)の一種で、いわゆるお皿の形で空を浮遊する謎の飛行体のこと。 英語でと呼ばれている。


それは十七 冬の夜 こたつ拡げた参考書 サインコサインVサイン 漫画枕にうつらうつら 窓辺から黄金の船

サインコサインVサイン:三角関数のサイン(正弦)、コサイン(余弦)、タンジェント(正接)をモジったもの。 三角関数というのは、三角形の内角の和が180°であることを利用して、ある角度が解れば他の角度も解るというもの。 Vサインは英語の勝利を意味する“Victory”を現わすもので勝利のアピール、そして平和を意味する。 イギリスの首相であったウィストン・チャーチルが始めたとされる。
黄金の船:特撮「宇宙からのメッセージ 銀河大戦」の話で……マニアックですね、違うかもしれません。 そういえば、オーパーツの一つ、コロンビアの黄金ジェットというのがあって、もしかしたらコレのことかもしれません。


偏差値順位のクラス替え ぼんやりしてたら落ちこぼれ 明日も明後日も駆けっこか 煙草を吹かしてしゃがみ込む 一つずつ消えていく夢

偏差値:まず標準を設定し、そこから自分がどれだけズレているかを表わす数値のこと。 たしか、50くらいですかね。
煙草:日本では20歳未満の喫煙は禁止されています。 ま、もはや時効でしょう。 ちなみに和嶋の好きな銘柄はばっとゴールデンバット。


素直な心になって 星空見つめてごらん そしたら 時代を駆け抜けてやって来る 地平を飛び跳ねてやって来る 君にも 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が


心の鏡を映して 無限にたゆたう円盤 在れば在る 無ければ無い 見れば見れる 誰にでも


今は大人の 夏の朝 都会のスモッグ目に沁みる 科学万能お目出度い アダムスキーはもういない 灰色に遠ざかる空

スモッグ:英語の煙(smoke)と霧(fog)を合成したかばん語。 いつの時代かわかりませんが、光化学スモッグあたりでしょうか。
アダムスキー:単にアダムスキーというと、元祖、自称・宇宙人と出会った人間のジョージ・アダムスキー本人か、彼が発見したというUFO、いわゆる円盤型のことを指す。 おそらく、ジョージ・アダムスキー本人のことでしょう。


無邪気な心になって 宇宙を思ってごらん そしたら 時間を飛び越してやって来る 次元を乗り越えてやって来る すぐにも 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が 空飛ぶ円盤が


時空を飛び越えてやって来る 虚空を飛び出してやって来る 時代を駆け抜けてやって来る 地平を飛び跳ねてやって来る


時空を飛び越えてやって来る 虚空を飛び出してやって来る 時間を飛び越してやって来る 次元を乗り越えてやって来る
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。