スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑の路

曲名は孔子の論語・為政篇から。


子曰、「吾十有五而志於學、三十而立。 四十而不惑、五十而知天命。 六十而耳順、七十而從心所欲、不踰矩。」

先生(孔子のこと)が云うには「私は十五歳で学問を志し、三十歳で独立した。 四十歳で迷いがなくなり、五十歳にして天命(天から与えられた使命)を悟った。 六十歳で人の意見を素直に聞けるようになり、七十歳で自分の思うがままに行動しても道を踏み外さなくなった。」


おそらく踊る一寸法師の「三十歳」に次ぐ曲で、歳を重ねた自分たちのことを歌っているのではないかと思う。



ともに歩いた長い道のり よくもここまで辿り着いた あいも変わらず同じ風景 時は過ぎ行き白髪も増えた 後ろ見れば戻りたくなる それでも前に進もうじゃないか


行くぜ兄弟 一本道を 行くぜ兄弟 旅の空目指し

兄弟:コレはあくまで私個人の意見だけども、「兄弟」とは人間椅子の和嶋さんと鈴木さんのことを言っているのではないかと思う。 1987年結成してから現在に至るまでずっと一緒にやって来た、実の兄弟でなくとも強い絆がある義兄弟みたいなものなんだろう、と思う次第です。


道は狭くて人影もない しるべがなくて途方に暮れる 寒いふところ心もともなく 先を思えば迷いがよぎる 後ろを見れば未練が残る 気にせず前に進もうじゃないか


風と雨がいたぶる谷底 雪と霧が邪魔する山道 崖が待ち伏せをする夜道も 獣が待つ森の奥深くまでも


行くぜ兄弟 一本道を 行くぜ兄弟 旅の空に 行くぜ兄弟 お天道様だ 行くぜ兄弟 先はまだ遠い
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。