スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪霊

オリジナル。 「悪霊」といえば、ドストエフスキー、小栗虫太郎の作品以外に未完だけれども江戸川乱歩の作品があります。 トリックを思いつかなかったか、やる気が途中で失せたとかで、読者に詫び状を書いて切り上げた作品で、乱歩好きには有名な話。



どうせ地獄に落ちるなら 歌え邪悪の賛美歌を

賛美歌:キリスト教では神を賛える歌のことだけども、頭に「邪悪の」って付いているから、(キリスト教からして)異教徒って意味か、「悪魔を賛える賛美歌」のどちらかでしょう。


この家は悪霊が棲む 闇を食む天井の裏で

悪霊が棲む:「悪魔が棲む家」という洋画がありました。 ホラー映画としてかなり有名で、ある一家の長男が家族を皆殺しにして捕まった際「俺は『家』が発する声に操られた」と供述し真相を確かめてみると……という話。
食む:「はむ」 いろいろ諸説あるそうですが、現在「たべる」と呼ぶようになったのは、かつて上の者から下の者へと何かを贈る際「給ふ(たまう)」といっていたのですが、それが訛って「食べる」になったのだとか。 で、当時は今でいう「食べる」って意味で使われていたのが「はむ」だったわけです。 それが今でも音が残り、「食」という読みに「た(べる)/は(む)」 の二つ残っているのだとか。


洗脳の呻き 扇動の叫び 退廃のうねり 邪悪の賛美歌

洗脳:中国語の「洗腦」を英直訳して“Brainwashing”さらにそれを直訳して「洗脳」ってなったらしいのですが、本当なんでしょうか。 英語ではブレインウォッシングよりも同義のマインドコントロールの方がよく使われているみたいですし、中国では再教育という言葉も使用されているようです。 意味は「誰かの思想」を何かに染めるって事です。 例えば信者の思想を宗教一色に染め上げる、とかいう具合。
呻き:「うめく」あるいは「すたく」とも。 苦しさのあまり漏らす低い声のこと。 
扇動:気持ちを煽り、ある行動に向かわせること。 アジテーションの訳語で、扇動する者、つまり扇動者のことを「デマゴーグ」とも言う。
うねり:緩く曲がりくねる、例えば大きな波のようなもののこと。


この街は悪霊が棲む 夜を縫う電柱の陰で


この国は悪霊が棲む 腹黒い官僚に紛れて

官僚:「役人」と同義。 でも、官僚という場合は、上級職の人たちを指す場合が多いように思われる。


この星は悪霊が棲む 血まみれの戦場の隅で


振り向けば悪霊がいる
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。