スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道程

タイトルは高村光太郎の同名詩から。


道程

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため



君は一閃の光の中で 永劫に歩みを止めない旅人だ 寄り道ばかりにみえる旅路も 運命という名前の一本の径

一閃:ぴかっと光ること。 ひとひらめき。
永劫:限りなく長い年月。 永遠。


両目を見開いて 道の彼方を目指せよあくまで

あくまで:「飽くまで」 飽きるまで。 気が済むまで。


君は過ぎ行く季節の途中で 路傍に苦しむ人々に出会うだろう 渇きを癒す水などなくても 優しい微笑みだけは忘れぬように

路傍:道のほとり、道端。


奥歯を食いしばって 道の彼方を目指せよあくまで


君は君であることの理由を 立ち止まって悩んだりしてはいけない 道程は誰かのためではなく ただ君が歩くことで作られるのだ


地べたを踏みしめて 道の彼方を目指せよあくまで
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。