スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデンの少女

タイトルはフランスの音楽家レイモン・ルフェーブルの同名曲からか。



彼女はいつも町の外れに佇んで 流れる雲の行方見つめる 夏の日差しも硬く閉ざした心には フィルムのように儚く映る

フィルムのように~:単に膜って意味じゃなくて、写真フィルムのことを言っていると思うんだけど、何にせよ、陽光がフィルムを通してぼやけてしまうことを歌っているのだと思います。


叫べよ少女 すべてが嘘と 人も自分も すべてが謎と


明日からは本当のこと見つかるだろう きっと信じて エデンへ 少女よ駆け抜けろ

エデン:旧約聖書の創世記に登場する、桃源郷の名前。 またの名を地上の楽園。 (おそらくエルサレムからみて)「東の方」に位置するという。


彼女のことを聞けば誰もが口つぐむ 名前も知れぬ哀しい少女 流行の服に袖を通したこともない 行き交う人も振り返らない


泣くのだ少女 あたりかまわず 大声上げて わけもわからず


明日からは幸せなこと始まるだろう きっと信じて エデンへ少女よ駆け抜けろ


誰かと二人でいても 寂しくなるものだけど 彼女はいつでも ひとりぼっち


エデンの園は笑顔の絶えぬ愛の園 町の牧師がいつか言ってた 夏の日差しは誰の上にも降り注ぐ やがて少女も気付く日が来る


走れよ少女 虹の向こうへ 雨の上がった 空の向こうへ


明日からは新しい自分出会えるだろう きっと信じて エデンへ 少女よ駆け抜けろ


明日信じて エデン目指して 少女は駆け抜ける
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。