スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人喰い戦車

オリジナル。 B級映画っぽいタイトルとその内容がカッコイイ!



生首のはさまったキャタピラーが軋む 死に際のおののきが大好物

生首:斬ってまだ生々しい首のこと。 生首があるのなら、干し首はあるのか? というとコレがあったりする。 南米の一部部族に見られた風習なのだとか。
キャタピラー:実は商標名でアメリカの企業キャタピラーの製品。 一般名詞として無限軌道と呼ばれる。 
おののき:漢字では「戦き」と書く。 怖くて震えること。 怯えること。


さて のろしをあげようか さあ 逃げろ もういいかい?

のろし:漢字では「狼煙」あるいは「烽火」とも。 伝達手段の一つで、火を点けて煙を空に上がらせ情報を伝達する。 煙がまっすぐ上昇するということで狼の糞を混ぜ込むことから「狼煙」と書くようになったと一説に言われている。


見よ轍を 死の轍を 巡る先は 猟奇の果て 骨を砕き 肉をしゃぶり 汁をすする 人喰い戦車

轍:車輪が通った後に出来る跡のこと。


ほら エンジンは歌う ほら 皆殺しの歌 勝利のリズムで 狂気のメロディーを

エンジン:戦車のエンジンにはディーゼルが主に用いられることが多く、珍しいものではガスタービンエンジンが用いられている。


おや そこの岩陰には やあ 可愛いお嬢さん
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。