スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならの向こう側

オリジナル。 でも、山口百恵と同名曲があり、意識していると思われる。 個人的には水没都市の世界観を踏襲しているように思えるのだけど……違うかも。



嵐の過ぎ去った空に 鳥の歌声がこだまする 昨日の街並も消えて 人は希望の杭を立てるのだ

昨日の街並も消えて:雨のお陰で汚れ(物質的な意味と精神的な意味でも)が落とされたという意味なのか、もしくは字面通り大規模な嵐に晒されて街が壊滅的状況になったのかは分からないけども、何かがリセットされて新たに始めたいという意味なのだと思う。


何かをなくすのを怖れ いつも立ち止まったりするけれど そこから歩かない限り 何も手に入りはしないだろう


流れる清水が海へと行くよに 君の前には明日が待っている


さよならの向こう側 勇気を出して踏み出そう さよならの向こう岸 涙をふいて漕ぎ出そう


何かを変えるのは辛い 生きていることだって悲しいね 退屈だなんて言う前に 生きることの理由を探したい


扉を開ければ朝日が射すよに 君の前には道が開けてる


さよなら さよなら ルルルル… バイバイ バイバイ バイバイ
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。