スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄風景

題名は江戸川乱歩の同名小説から。 なんというか「パノラマ島綺譚」の焼き増しみたいな感じの小説。



人間花火が打ち上がり 紳士と淑女の運動会 針とびマーチも高らかに 狂ったかけっこ よういドン

人間花火:恐怖奇形人間あたりをご覧になるとよいかと。


堕落のゴールへまっしぐら 奈落のゴールへまっしくら


刃のテープで真っ二つ 万歳している上半身 脚だけ先行くおかしさに うっとりしながらゴールイン


破滅のゴールへまっしぐら 地獄のゴールへまっしぐら


呂律が回らぬアナウンス お次は首とり騎馬戦だ 歪んだ笑いの貴賓席 捻れた骸の表彰台

呂律:物を言う調子のこと。 呂律が回らぬとはつまり、何言ってるのか良くわかんない状態。 いますよね、そんなアナウンサー。
騎馬戦:顔への攻撃は反則!って良くいわれたものですが、もはや鉢巻、帽子取りならぬ首取りになれば反則もへったくれもないわけです、こわいですね。
貴賓席:運動会の時に、この席に座る人たちは見知らぬおじさんばかりで、挨拶も紋切り型で退屈な人たちだなあと思っていましたが、ま、奇抜なこと言われても困りますわな。 というわけで、高貴な人、身分の高い人が座る席。 運動会などでは市長、町長、村長あたりか、教育委員会の会長が座ってます。

堕落のゴールへまっしぐら 奈落のゴールへまっしぐら 破滅のゴールへまっしぐら 地獄のゴールへまっしぐら
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。