スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなしごのシャッフル

タイトルは江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズから。 おそらく小林少年自身のことか、あるいは小林少年をしたって夜の活動をする別働隊(チンピラ別働隊……なんという名前!)のこと。



夜の風が火照る頬に心地よくて 街路灯の照らす限り歩き続けた 道の果てはいつか長い夢でみたよな モノトーンの旧い友のたたずまい

街路灯:明治時代の街路灯はおそらく、今の蛍光灯や、もちろんLEDではなくガス灯だったと思われる。
モノトーン:白黒灰色といった色使いを指すことが多い。 あるいはある単体色の濃淡だけとか。 ちなみに英語ではモノトーンは「つまらない、退屈」という意味がある。


潮の洗う砂の城を確かめたくて 夜明け前の凪の浜辺走り続けた

凪:気圧の関係で、日中は海風、夜中は陸風が吹くのだけど、それが切り替わる時には両者が拮抗して無風状態になる。 それが朝なら朝凪、夕なら夕凪。 ちなみに「凪」という漢字は国字、つまり日本でしか存在しない漢字


海の果てはかつて遠い夏にみたよな クリスタルの淡い恋のさざなみ

クリスタル:水晶のこと、なんていわなくても良いと思うけど一応。 おそらく水晶が透明なのをひっかけて、邪ではない、純粋な恋ってことかと。


明日を追いかけて 昨日探してる 愛を置いてきた 昨日求めてる 誰もみなしごだから


街の人のはしゃぐ声と遊び疲れて お気に入りのコート脱がず眠り続けた 夢の果てはどこか寒い冬にみたよな ベルベットの若い母のぬくもり

ベルベット:ビロードとかヴェロアとかいわれる布地のこと。 製法は違うけどコーデュロイとか似てる。 
スポンサーサイト

テーマ : 人間椅子
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。