スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最萌トーナメント 学校編 教師と教師

最萌トーナメント 学校編 ブリーフィング
最萌トーナメント 学校編 教師か生徒か


とりあえず、イメージしやすいように超短篇小説を書いてみることにします。

小説は三人称。 主人公もその相手も小説内では立場が変わろうとも同じ名前で出てくる。 極力性別の差をつけないような書き方をするが主人公の一人称を「僕」とし、相手は「私」。

ではまず、教師同士編。
前回はこのようなまとめ方をしましたが、

主人公と先輩教師→業務を教わる→親身な指導を受ける→どちらからか恋愛感情を抱く
主人公と同期教師→同じ業務をする→連帯感が生まれる→どちらからか恋愛感情を抱く
主人公と後輩教師→業務を教える→慕ってくれる→どちらからか恋愛感情を抱く

考えてみれば能動的なのか受動的なのかで内容がゴロって変わってしまいます。
個人的には受動的で主人公が好かれるっての方が書きやすいのでそれで、もし要望があれば拍手コメントかコメント欄で「主人公が能動的なヤツ書け」って書いていただいたら次回に書かせていただきます。

ではまずは、主人公と先輩教師
おっと、その前に主人公の名前を「平塚 望」 相手は「吾妻 瞳」としましょう。



「1、主人公と先輩教師」

大学を卒業し無事晴れて教師となった平塚。 同期の佐々木に誘われたこともあって、地方の高校へと赴任した。

「えっと、今日からこの高校の英語を担当してくださる平塚望先生と国語を担当してくださる佐々木俊樹先生です」
教頭の紹介の後、軽い自己紹介をし、佐々木は45、6のベテラン教師阿木に、平塚は自分とさほど年の変わらぬ自分より2歳年上の吾妻に現場でのイロハを教えてもらうこととなった。

「こんにちは、平塚先生」
そういって彼女はニコッと笑いながら言った。
「早速、教材が置いてあるところを紹介するわ」
そういって平塚は彼女の後をついていった、教官室を出て隣にある階段を上り、左手に扉があって、そこをあけると英語と国語の教材が置いてある。
リスニング用のCDとラジカセ、単語などのミニテストが刷られたもの、そして予備の教科書…それを一々丁寧に吾妻は説明した。
「教材はこんなもんかな。 えっと、あとはコピー室」
「あ、それは主任の羽山さんから教えていただきました」
「そう…じゃあ、もう、教えることはないかな?」
と聞かれても平塚には答えようがなかった。

そんなこんなで早1年、多少天然な吾妻のサポートをしつつ、任されたクラスとの関係も上々の平塚がある日吾妻に呼ばれた。
最初の日に説明を受けた教材室に来て欲しいとのこと。
来てみると、吾妻は涙をポロポロと零していた、何事かと思い平塚が話しかけた
「大丈夫ですが吾妻先生?」
「うん…コンタクトかなくなっちゃって、探していたら目にゴミが入って痛くて、痛くて」
なんだそんなことかとほっと胸を撫で下ろす平塚に吾妻が段々と近づいてきて顔を近づけて来た、上目遣いの瞳が平塚の目を捕らえて離さない。
ドンっと平塚にブツカリ、顔をじっと見た吾妻は
「やっと望先生の顔が見れた」
とニコニコとしながら言った。



これ書いていて気付いた、先輩関係ないな。
まあいっか、次、同僚。



「2 主人公と同僚」

どんな仕事でも一年もすれば大体のことは分かるし、覚える。
しかし、平塚にはただ一つなれないことがあった、それは運動会だ。
子供の頃からずっと病気がちでほとんど休んでいた運動会に出たいという憧れとともに一種の恐怖を彼は感じていたのだ。
ある日、気の置けない数人の同僚と共に飲みに出かけた時のことであった。
国語科の佐々木、数学科の利根山、世界史科の吾妻、そして英語科の平塚。

学生結婚をしていた利根山は一杯ビールと少しのつまみを食べただけで「早く帰らないとカミさんに怒られるから、お先に」と言って帰ってしまい、恋人も妻もいない佐々木にいたっては「愛犬のペロに会いに急いで帰らなきゃ」と意味不明なことを言って帰ってしまった。
あとになってみればアレは仕組まれたのかもしれないと平塚は思ったのだが、時すでに遅く、気付いてみれば吾妻の二人っきりになっていた。
何人かでいれば吾妻と話すことも全く苦でないのに、二人きりになると急に黙ってしまう。
「吾妻は帰らなくていいの?」
と平塚が聞くと
「うん、待ってくれる人もいないし、家に帰ったて一人」
と答えた
ただ、平塚も「そうなんだ」としか答えることしか出来ず、逆に
「平塚こそどうなのよ?」
と聞かれて同じような答えしか出来なかった。

飲んでは食べ、飲んでは食べ、無言、沈黙の間を埋めるかのように彼らは食べ飲み続けた。 程なくして終電の時刻が迫ってきた。
お勘定を済ませ店を出ると生暖かい風が顔に当たった。
「キモチワルイ」
と吾妻が言い出した。 平塚はまだまだ大丈夫だったが吾妻のほうはもう足もフラフラ、目が回って大変であった。 仕方なく平塚が肩を貸して駅まで歩いていると急に吾妻が甘えた声で言い出した。
「おんぶしてよ、おんぶ」
普段そんなことを決して言わない吾妻が言った。 一瞬平塚は自分の耳を疑ったが、せがむ彼女を背負い、駅へと向かった。
「私の家まで運んでくださぁーい」
今度は呂律の回らぬ舌で彼女はそう言った。
「それは無理だよ 吾妻」
「なんでよぉ」
「だって、吾妻の家まで恋人でもない僕が運んだら色々とややこしいだろ」
平塚の内心は面倒くさかっただけだった。
「そっか、恋人か……ならさ、平塚が私の恋人になっちゃったらいいんだよぉ」
酔っ払いの戯言だと無視していると
「聞いてるぅ? 望なら私になにしても許す。 だって私、望の事が…」



我ながらこの手の小説書くの…本当に苦手です、読むのはまあ、大丈夫なんですが。
そういえば、さっきから寸止めみたいなのが続いているような…ま、いっか。
次、主人公と後輩教師



「3 主人公と後輩教師」

5年ほど教師をやっていて平塚に初めて自分の部下というものが出来た。 もちろん、教師というのは独立して動くことが多いので一般的な会社の上司と部下とはかけ離れているが、平塚自身、生徒を教育することには慣れていても、ほぼ同等の人間に仕事を教えるという事自体が初めてであり、不安もあったが、多少ワクワクもしていた。
初めて付いたのが吾妻という女性で、平塚にべったりであった。
何をするにも「平塚先輩、コレで良いんですか?」 「あ、そうするんですか、ありがとうございます先輩」と、「平塚先生」と呼べばいいのに学生気分が抜けず「平塚先輩」と呼び、何度が注意したものの一向に直す気がないようであった。

もう半年が経って、一々平塚にお伺いを立てなくてもいいのに彼女は聞いてくるので平塚は吾妻に「吾妻先生、もう半年も経ったんだから僕に聞かず自分で判断してくれて良いんだよ。 もう、別にワザワザ来なくてもいい…」
『来なくてもいいんだよ』の『だよ』を言い終わるまでもなく、彼女は瞳に涙をためてどこかへ行ってしまった。
次の日、言い過ぎたと思って平塚が吾妻の机に行ってみたが、彼女は取り合わず、無視されてしまった。
手を拱いていると、今度は吾妻のほうからやってきた。
「平塚先生、お話があります」
学校の業務が一通り終わり、彼女に誘われるがまついていくと、駅前の喫茶店に入った。
彼女は無表情なままで、鞄から一枚の写真を取り出した。
「これは……一体?」
「良く見てください」
「あ、ヒロじゃないか! 懐かしいな、アイツとは良く遊んで……でも、卒業間直になって交通事故で……」
「そうです、これは私の兄で瀧澤弘明。 兄の死後両親はすぐに離婚して、私は母の旧姓を名乗っていますが……」
彼女の顔が一気に曇った。
「お願いがあるんです」
「お願い……ですか?」
「ええ、実は最近、父も母も相次いでなくなってしまい、私には頼れる人があなたしかいないのです……平塚先生、いや平塚さん、私のお兄ちゃんになってください!」

突然のことで、平塚は言葉を失ってしまった。
彼女の顔は紅潮し恥ずかしがっているようで、目にはやはり涙がたまっていた。



おお、なんとなく強引な展開ばかりだけど、超がつくほど短篇小説が出来ました。
私の想像力ではこれぐらいが限界です。
次回は「教師と生徒」です、まあ、需要があるかどうか分かりませんが、とりあえず学校編だけは仕上げてみます。
では、次回。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

最萌トーナメント 学校編 教師か生徒か

前回は説明で終わりました。
今回は具体案を考えてみます。

教師と教師
主人公と先輩教師→業務を教わる→親身な指導を受ける→どちらからか恋愛感情を抱く
主人公と同期教師→同じ業務をする→連帯感が生まれる→どちらからか恋愛感情を抱く
主人公と後輩教師→業務を教える→慕ってくれる→どちらからか恋愛感情を抱く

ざっくりといくとこんな感じでしょう。
仕事を通じて感情が高ぶると考えるのが自然でしょう。 まあ、飲み会でヘベレケになって介抱して云々でもあるでしょうけど。

教師と生徒
大前提として教師はその人個人がフレンドリーであろうとなかろうと、やはり教える側なのですから上でしょう、少なくとも教師側の立場から考えた場合、彼らは生徒を教えるのだ、教育するのだという気持ちがあるでしょう。
ですから、行動がどちら側からなされるか

教師側→自然な成り行きなのか、自分が教師という立場を利用したか。
生徒側→自然な成り行きか、あるいは生徒が故意にそういう関係になろうとしたのか。
この自然な成り行きというのは、そうですね、なにかアクシデントがあって、都合よくそういう状況になるということで「プールで先生の水着が!?」とか「怪我をしてしまった」とか「時空の歪みのおかげで世界に残るのは二人だけになってしまった」…とまあ“本当に都合の良い 身勝手な”条件があった場合。
立場を利用というのは、多少なりとも拒む生徒を先生が説き伏せるとか、無理やりとか、そうせざるおえない状況を作ってしまう。 ある状況に陥って自制すれば回避できたのにしなかった場合。

故意にそういう関係になるというのは、例えば言い寄る。 あと良くあるのは先生の弱みを握りそれをもって強請る。 もちろん、いわゆるエロマンガ(成人向け漫画)では金銭の要求でも構わないのに別のことを要求したりします、あれです。


生徒と生徒
都合が良いので主人公は2年生(どの形態でもいいのですが、上級生がおり下級生がいる状況が出来ればよい)

自分が相手よりも上の立場だと振舞う人がいます、先輩に限っていえば一つ年齢が上ということを根拠に、あとは自分が身体的、能力的、あるいは精神的な面で相手よりも勝っていると自負しているから上の立場に出る、もちろんその判断は客観でも主観でもどっちでもいいです、そう本人が認識したらそれで。 はい、これをタイプ1としましょう。

年齢、能力、精神…なんであろうが実際に勝っていようが劣っていようが同じであろうが、本人の中で自分と相手のことを対等、同じだと思っている人、これをタイプ2としましょう。

対等ではなく、むしろ劣っていると感じたり、下手に出る人をタイプ3としましょう。


タイプ1もタイプ2もタイプ3も最初や中間は細々とありますが、結末はより傲慢になるか、現状維持か、より自分を卑下するかあるいは謙虚になるのどちらかです。

タイプ1,2,3→出会う→なんらかの付き合い、接点が生まれる→その影響として変わったり変わらなかったりして後は云々~

ということです。
ただ、タイプ2がタイプ1やタイプ3になるより、タイプ1が3へ、タイプ3が1へ変化することはギャップが大きくて意外性が楽しめます。


そうなんですよ、意外性なんですよ、ギャップ、ギャップ。
よろしいですか、普通現実社会では、教師と教師、生徒と生徒の関係しかありません。
まあ、たまに教師と生徒って組み合わせはありますけど、問題になったりしますし、在学中で表立って懇ろはマズイ、大抵卒業してから結婚とかですよ。

そうです、現実でないことが良いのです。
ということはですよ、教師と生徒。 生徒と生徒でもタイプ1がタイプ3になる、タイプ3がタイプ1になるって方が良い。
そもそもね、人間の性格なんてそうそう変わりませんよ? それが主人公というか自分という人間との接点が生まれたことで性格が変わるんですよ、他人に影響を与えることで、自分という不確かな存在が知りえるという可能性が孕んでいるわけですよ。

ああ…



失礼、取り乱しました。(あまりの気持ち悪さに絶句、とりあえず、見たい人は反転で)
次回、一つ一つをさらに細かくってのは面倒くさいので、大別8つ細かな差をいれてざっと20? それらを一応小説仕立てに書き上げてみます。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

最萌トーナメント 学校編 ブリーフィング

漫画でも、アニメでも、ゲームでも、ドラマでも、学校というシチュエーションを使った作品は多いですよね。

私が思うに、それは多くの人が学校というものを経験しているから内容に多少の違いはあったとしても受け手がある事柄に共感を得やすいからでしょう。
で、大抵の物語の軸は

1 教師と教師
2 教師と生徒
3 生徒と生徒

とまあ、単純にコレだけ。
学校ものを取扱う作品は必ずこれらの関係を持った人々が出てきます。
問題はこの3つの内どれに焦点を当てるかです。 全部もよし、1と2の教師と教師、教師と生徒もよし、色々あると思います。

私見ですが、「萌え」を重点においた場合、1の教師と教師の関係を軸にした作品は少ないように思えます。 現実では確かに先生同士の職場結婚はよくありますが、それを主眼にした作品は…あまりないでしょう、職場結婚の内容なら生徒を描かなきゃならない学校なんかより、純粋に当人たちだけを描ける一般企業とかで話を展開した方が楽でしょう。


さて、グダグダと長い説明を終えまして考えられるシチュエーションを考えてみましょう。

まずは1の教師と教師
いわゆる同僚同士ですので、まあ、適当に付き合ったらよろしいでしょう、同期、あるいは先輩後輩とか、ただ単純に飲み会でも良いでしょう。
教諭同士においては一部の役職(教頭とか)除いて、一般教諭同士の中にはさほど差がないと思われますのでテキトーにやって頂戴ってかんじ。
あ、でも不倫というのが出来ますね。

2の教師と生徒
そもそもの教師と生徒という関係は教師の方が力関係では上です。
ですので、力関係では上の教師が生徒をその力で我が物にするか、思慕する生徒が言い寄るか、先生がなんらかの弱みを握られて立場が逆転して云々…ぐらいでしょう

3の生徒と生徒
本質的には1の教師と教師と一緒なのですが、あちらは別に先輩だからとか、後輩だからというのが稀薄なのに対して、学校における先輩後輩の差は、部活というものに限っていえば結構あります。
新入りは、練習着の洗濯しろとか、グランド走れとか…ね
仮に高校生の主人公とし、学年を2年生だとします。
3年生が上級生、先輩。 2年生が同級生。 1年生が下級生、後輩。

まず上級生と主人公、この場合は、先輩の方が優位で、どちらかというと偉そうな態度をとるでしょう。もちろん、その逆で先輩なのに…優しいというのがウリにも出来ます。 あと特殊なものとして生徒会長やなにかのまとめ役というのがあります。

次、下級生と主人公、この場合は先ほどの逆で主人公が優位です。 主人公自体がどのような態度に出るかによりますが、大抵は先輩というものに萎縮して言う事を聞くというのが多いでしょう。 もちろん逆に反発するのもアリです。

さて、問題は同級生。
はっきりいって制約がない。
本当は1歳や2歳の年齢なんて関係ないと思いますが、同級生には幼馴染みという設定が多い。
細かなものを挙げるとキリがありませんが、学級委員長はこの同級生しか出来ませんね。

例外的に全てに使えるのは、学園のアイドル、マドンナ、などといった一部のコミュニティーでしか通じない称号をもった人でしょうか?


どういうのが良いでしょうか。
次回、さらに細かく考えて、その良し悪しを考えてみます。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

最萌トーナメント

詳しくは明日にお伝えします。

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。