スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話「次の世代が来てるの! の巻」

ドアの向こうは、がらんどうで何も無かった。

「ハリボテ…?」

チェルシーはそう呟いて天井を見上げた。ガラスで出来た天井、昼だったはずが、空には満天の星が。
「綺麗だろ、とっても」
暗闇から現れたチェルシーが、立ち尽くすチェルシーに言った。
「君は僕なのかい?」
チェルシーはまだ空を見上げながら、そう聞いた
「そうだね、僕は君であって、君でない。そういう存在って一体なんだと思う?」
「さぁ?全く見当も付かないよ」
「星だよ、チェルシー。僕らはあの輝く恒星なんだよ」
「なるほどね」
チェルシーにはどうでもよくなっていた。
これまでの長い旅、苦労多き旅、魔人に魔女。
そんなことがどうでも良くなるくらい、夜空が綺麗だったのだ。

家族を取り戻すのもどうでも良くなってきた。
チェルシーはそのまま、仰向けになって寝転んだ。

「どうして、空ばかり見ているんだ?家族に会いたくないのか?」
「ごめんよ、静かにしてもらえないか、星空が歪む」
「…僕も隣で見ていいかい?」
「どうぞ」
チェルシー同士で空を見た。

もう一人のチェルシーもどうでも良くなってきた。
空は美しく、風は清らか、他に何が必要といえるだろうか。


それから、気が付いたら二人とも眠っていた。
外に出てみると、何もかもがなくなって更地になっていた。
またハリボテの中に戻っても夜が明け昼になって目ざとい太陽が照っていた。
気付いたら、もう一人のチェルシーがいなくなっていた。
遠くから自分の名を呼ぶ声が聞こえる。

「チェルシー、チェルシー、ここよ」
しかし、存在が確認できない。




気付いたら、まだ病院にいた。
白いベッドの上で身動きが取れないチェルシーを囲む家族たち。
「チェルシー、死なないで」
マリーが言う。

死ぬものか、死ぬものか。僕は生きるんだ

心で叫んでも誰にも聞こえない。
僕と僕を除いては。
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

第六話『チェルシー君、雨の日に雨に当たらない走り方を考えるの巻』

 さっきから何か忘れているような気がしているのだが、なんだったのだろうか?


 それは、ともかくリリスさんの言っている場所に向かうことになった。ここから、数キロ先にある住宅街の端っこだ。
「この街は、タクシーとかバスってないんですか?」
「ええ、ココは売買専門の街といっても過言ではない場所なので、道路も殆んど人が通ります。車は、輸送車ぐらいでこの街に住んでいる住人も商人が多いんです。
住宅街は、街の角に4つあってクロス状に位置しています。」
「へぇ~、やっぱりコノ都市って広いんですね。」
「そうなのよ~。チェルシーちゃんったら、常識なんだから憶えておかないとぉ。」
「そうだね。憶えておくよ・・・・・・マリー!!!????」
そう、そこには何故かマリーがいた。しかも、ナナセさんも一緒だ。
「お久しぶりです、チェルシー様。数時間ぶりでしょうか?」
「う、うん、そうだね。」
なんでこの2人がココに?というか、ナナセさん。アナタ、別れて数時間で合流って意味がわからないんですけど!!!
「いやぁ、ほんとに参っちゃうわぁ。まさか、私にまでもう1人のチェルシーちゃんから招待状が届くなんて、ね。」
「え?マリーにも?」
「うん、チェリーちゃんと別れた後に。すぐ。」
「へ、へぇ~そうなんだ。」
 一応、ナナセさんにも何で合流したのか聞いた方がいいのだろうか?なんか、コノ人苦手なんだよな~。
「へへ、わかっていますとも。何故、ワタクシが合流したかについて知りたいのでございましょう?いいですとも教えてあげましょう。それはですね。
チェリー様がアナタの到着が遅すぎるので迎いにいくように言われたのです。
まったく、リリス。アナタには、場所を教えていただいたのではないのですか?」
「忘れました!」
「・・・・そうですか。」
少しの沈黙。
「ま、まぁ、いいでしょう。ワタクシが案内しますのでコチラへ。」
 ナナセに案内された場所には、輸送車が止められていた。1つだけピンクの異様な車が止めてあるがアレでないことを祈ろう。
「ゴホンッ!それでは、チェルシー様。出発しますので乗ってください。」
「やっぱしそれですか!!!」
「駄目ですか?」
「派手です!」
 というよりも何か恥ずかしい。
「ま、そういわずに乗りましょうよ。」
リリスに背中を押されて無理やり入った。マリーは、いつの間にか乗っていた。いつの間に?というよりも少し気に入っているように見えますよ!?


 10分ほど揺られて、ナナセは車を止めた。
「着きましたよ。」
「こ、これって・・・・・」
 動揺を隠せない。なぜなら、自分の家と外見が一緒なのだ。まるで家自体をココに移動させたように・・・・
「チェルシーちゃんの家ってスゴイのね。」
「いやいやいや!間違ってる。マリー、間違っているよ!」
「そんなことよりもチェルシー様がお待ちです。ささ、入ってください。」
 僕は、唾を飲み込み。ドアノブに手をかける。ゆっくり、ドアを開けていく・・・・・

第五話「赤ワインより白ワインの方が好きって、飲んだことも無いのに言っちゃった の巻」

魔女の森を過ぎると草原が広がっていた。
草原といっても、芝生のように手入れの行き届いたような綺麗なものであった。

「草原を抜けるとメースか…」
もうナナセもいないというのにチェルシーは誰かに話しているかのように言った。

「そうですね、チェルシーさん」
「ねぇ~って、誰ですか貴女は!」
「あれ、ナナセさんから連絡受けませんでしたか、メースを案内する人間が来るって?」
「ええ、確か…貴女が、その案内人ですか?」
案内人はにこっと笑って
「そうですよ、チェルシーさん。私がこの大都会メースの案内人リリア・リンチです」
リリアは非常に綺麗な手を差し伸べて握手を求めた。
チェルシーはもう顔が真っ赤になっていた、だが、その出会いから2時間後チェルシーは恐ろしい事実を知ることになる。

メースは都会である。
ここで買えぬものはただ一つ神である。といわれるほどメースには世界中、いや惑星中からモノが集まってくる。
「チェルシーさん、お家族を探していらっしゃるのでしたね?」
「ええ、父と母と…そして自分を」
「自分ですか…まあ、面白いご冗談を」
「ほんと、そうですね、ハハ」
チェルシーはリリアがただの雇われ案内人だと直感で分かった。

「では、チェルシーさん、行きましょう」
「あ、はい」
飲み屋街を抜け、ショッピングモール、そして住宅街へ

「なにか手がかりとかありませんか?」
「いや、特に…」
「困りましたね…」
といって彼女はポケットからPDAらしきものを出した。
「えっと、ここの住民票を…」
ああでもない、こうでもないと彼女は液晶画面と睨めっこ、10分ほどして
「み~つけったっと。これだわ。」
「本当ですか?」
「ええ、着いてきて」
彼女の後を着いていくこと1時間、チェルシーは彼女の背中に変なものを見つけた。

ジッパーだ

(もしや、これは…)
意を決して引っ張ってみると、汗をダラダラとかいた毛深い何かが…
「な、なにしてるんですか、チェルシーさん!!」
気付いたリリア
「あ、ああああ、あんたは…お、と、こ、なのか!?」
「み、たぁ、なああ!!!」
「ぎゃあーーー」


しばらく彼は気を失っていた。
「ココはドコ、ワタシはダーレ?」
「チェルシーさん、大丈夫ですか?」
「あ、リリスさん。ええ、なんだか気を失ってたみたいで、記憶が…」
「ワタシもなんです、誰かに襲われたみたいで…なにか、奪われていますか?」
ガサゴソと鞄の中を調べるチェルシー、だが一向に何も盗まれていないようだ。
「いいえ、何も。リリスさんは?」
「ワタシも大丈夫です、よかった、なにもとられなくて。」
「ええ、そうですね、良かった、良かった」
「では、両親探しを再開しましょう」
「はい!」

チェルシーは記憶という大事なものを奪われたのであった。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

第四話『チェルシー君、満員電車でコンタクト落としちまったよの巻』

 次の日に魔女の森へとついた。砂漠と森の境目は、異様な空気で軽く嘔吐させられた。
「大丈夫かね?まぁ、砂漠の熱さから森の寒さにいきなり変わったのだ。しかたない。」
 ナナセは平然と笑っているが洒落になっていない。
「そ、それで魔女ってのも魔人と一緒で噂とは違っていたりするんですか?」
「ん~、へへ、まぁそんなところですよ。」
 サングラスをかけなおし、何故か気合を入れている。
「あ~チェルシー様。少しの間何もしゃべらないように・・・」
「へ?それって――――」
 ゾクリっと寒気が襲う。空から、黒い布がヒラヒラと降りてくる。いや、布ならまだ珍しいだけで済ませられる。魔女だ。黒い髪を揺らしながら、降りてくる。
「これはこれは、魔女様。」
 深々と頭を下げるナナセ。礼儀なのだろうか?
「旅人よ。また入ってきたか?」
「ハイ、今日もご機嫌麗しゅう・・・・」
 少し噛み合っていない会話をしているがナナセという男は、そんな男だと自分は直感で悟った。我ながら鋭い。
「それで今日は、何をしにきた?」
「ハイ、これよりメースに向かうところです。」
「ほう、メースか・・・・」
 魔女は、少し考えた。
「あの、ナナセさん?魔女は何を考えているんですか?」
「魔女の噂を知っていますか?」
 魔女の噂。確か、旅人を森の中に引きずり込んでしまう。とか、その後のことはよく知らない。
「その噂なんですがね。魔女をよく知らない人がそうなるんですよ。」
「と、いいますと?」
「魔女は、道案内人なんです。道を案内してくれるかわりにモノを要求してくるんですよ。魔女っていうのは、森から出たことがないから人間のモノというのに興味があるんです。でも、そのモノを渡さずに逃げてしまうと森に迷ってしまう。
 ようは、迷いの森なんですよ。ココは・・・・」
「はぁ~、そういうものですか?」
「ええ、そういうものです。へへ・・・」
 それから数分して、いきなり何かを思い出したように魔女は手を叩いた。どうやら、欲しいものがあったらしい。
「パルホッサのコインが欲しい!」
「パルホッサですか。これは、手堅い。」
 パルホッサというのは、数ヶ月前に滅びた国だ。一時的に独立していたのだが、再征服されてしまった。それの硬貨となれば、持っているだけで差別されるという嫌なモノだ。
「残念ながら今は持っていませんねぇ~」
「旅人よ。ワタシはそれが欲しいのだ。それが無いなら、案内はせぬ。」
「おっと、それは困りましたねぇ。」
 あんまり困っているように見えないのだが・・・・
「それでは、これでいかがでしょうか?」
「それは?」
見たところ王冠に見える。
「ハイ、パルホッサの姫君が持っていたモノです。へへ・・・」
「本当か?なら、それでいい。」
 喜んで魔女は、その王冠を手に取る。とても魔女に見えないが・・・・魔女なのだろう。
「あの・・・・ナナセさん?」
「ん、どうしました?」
「あれって、本物なんですか?」
「ハイ、正真正銘本物の王冠ですよ。」
「どうやって、アレを?」
 手に入れたのか?そう訊くとナナセは、クスリと笑う。気持ちが悪いな・・・
「あれは、呪われた宝石が埋め込まれていまして、値段にすると意外と安いものでした。」
「呪われた宝石?」
「ハイ、先日の再征服戦争で負けたのもそのせいだと言われています。持っていると殺されちゃうらしいですよ?くくく・・・・いやぁ、怖い怖い。」
 それを魔女にあげて笑っているアンタの方が怖いよ・・・・・


 数時間歩きっぱなしで膝が笑いすぎになった時だった。森が終わった。
「さぁ、お行きなさい旅人よ。これで道案内は終わりです。」
「ありがとうございました。魔女様。次もまた道案内お願いしますよ。へへ・・・・」
 魔女と別れると目の前には、メースがあった。
「さて、チェルシー様。ワタクシも道案内が終わりにございます。」
「え?まだ、もう一人の僕のところまでついてないんじゃ?」
「ハイ、その通りです。ですが、残念なことにワタシももう1人のチェルシー様の居場所を把握できておりません。」
「そんな・・・・」
「へへ、でもご安心なされませ。案内人がメースの中にいます。彼女を探せばよろしいかと・・・・ハイ」
「彼女って、女性なの?」
「ハイ、ワタシと同様、使い魔でございます。」
「そうなんだ。わかった、探してみるよ。
「そうですか。それでは、ワタシはこれで・・・・・」
 一礼をして、彼は去ってしまった。

さて、女性の案内人に会いに行こう・・・・

第三話「チェルシー君、二階から落ちるって夢を見てビックリした の巻」

魔人、それはもともとは「間人」といわれていた。
悪魔と人間との間に生まれた者という蔑称であるが、ある日を境に「魔人」と呼ばれるようになる、それは今まで間人が使えることは出来ないとされていた魔法が使えるようになったからだといわれているが、どうやら魔法といっても魔女、魔法使いが使うような高等魔法ではなく下等魔法だけしか使えぬようである。

しかし、侮ってはならない。魔人たちの好戦的で残忍な性格と、砂漠という地の利もあってか、魔女も魔法使いも魔人には勝てず、かすり傷すら負わすことが出来ないと言われている。


ともかく、そんな危なげな魔人の砂漠を一人で通ってきたというこのナナセという男は、余程の強者なのだろうとチェルシーは思った。
「チェルシー様、どうされたのです、顔色が悪いですよ?」
「そりゃあ、ナナセさん、魔人の砂漠、あそこを通るのですよ?これほど危険なことはないです」
「へへ、そうでしょう、そうでしょう。私とて怖い」
ニコニコと笑いながら怖いというナナセ、人を不安にさせるのが趣味なのだろうか。
「でもチェルシー様、大丈夫、私が何とかしますよ、へへ」

街を出るとそこには青々と茂る草原地帯が広がっている。
その草原地帯をおよそ10kmほど歩くと、突如砂漠が広がる。そここそがまさに魔人の砂漠なのである。
草負けしながらも草原を抜けると

『キケン、これより魔人の砂漠』

今どき珍しい木製の看板が立てられていた。
この向こうは魔人たちの住むおぞましい砂漠、ここを通って帰って来れたものはいないと言われるくらい、ここは危ない。一説によると魔人とは旅人の脚を千切り、動けなくなった旅人にこう聞くらしい。

「死ぬのは怖いか?」

怖いと答えると、喰われ、怖くないと答えても喰われる。
理不尽なやつらなのである。

「ナナセさん、本当にここを通っていくのですか?」
「ええ、チェルシー様、安全ですよ。私の後についてきてください」

そういってナナセは砂漠の中へと足を踏み入れた。
2時間ぐらい歩いたが一向に魔人共は現れず(いや、そちらの方が嬉しいのだが)世間では足を踏み入れてすぐに殺されると噂されていたものだから、チェルシーは少し拍子抜けしたのであった。
それから、更に2時間歩くと、チェルシーはヘトヘトになっていた。
「あれ、チェルシー様、お疲れですか?休みますか?」
「ハァ、ハァ…でも、魔人が、ハァ、ハァ…来るんじゃ……ないの?」
「ハハ、もう来てます」

すると、ナナセが目の前で砂の中へと引きずりこまれているではないか。
しかし、一向にもがこうとしないナナセ

「ナナセさん!!」

ナナセは砂に引きずりこまれながらも、右手の親指を立てて笑っていた。
ああ、死んだ。死んでしまった。あの残酷で、不気味で下等で、クズと称される魔人に捕まったのだ、ナナセは死んだ。
とチェルシーは思い、悲しみというより、とてつもなく心細くなっていた。

すると、しばらくして、ナナセが砂から吐き出されるかのように出てきた。
傘をさして、ゆっくり、ゆらゆらと風に遊ばれながらナナセは降りてきて
「ふう、久しぶりですねぇ、この感覚」
「へ、平気ですか!?」
「ええ、チェルシー様、平気でございます。質問もバッチリ答えました。」
質問は噂通りあるらしい、ただし、問われる内容が違う。
本当の内容は

「なぜ、ここに来たのか?」

である。
あとは魔人からは
この砂漠を通ったことを他言しないこと、「魔人は旅人の目の玉を集めている」という噂を流せと言われ、もしバラしたり、噂を流さなかった場合、死ぬよりも苦しい目に遭うと脅されたらしい。

チェルシーはナナセに
「彼らはどうしてそんなことを旅人に?」
「それは…」
「それは?」
「それは、多分、魔人たちは自分の家族や、友達との平穏で安寧な生活を護りたいのでしょう。彼らは皆が思っているより知的で、礼節を重んじるモノたちですよ。へへ、だから安心なのです」

「そうですか…」

チェルシーは魔人たちに思い知らされた。
それも自分が、人間よりも下等で野蛮だと思っていた魔人たちに。

彼らは自分よりも立派で、常に家族のことを考え、そして友達を愛し、それを護るため必死で命をも賭す気である、下等で野蛮など偏見以外のなにものでもなかった。

自分に彼らのようなことが出来るのだろうか、その自問に答えることが出来ない。
ああ…なさけない。


チェルシーは俯き加減で砂漠を後にしたのであった。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

Search Under This Blog
Twitter
Recent Entries
Categories
Monthly Archieves
Comment
Trackback
Profile

ジャヴュ・ドッペル

Author:ジャヴュ・ドッペル
えらいとこ見られた
こりゃあもう 百年目 じゃと思いました

あと、このブログは敬称略ですので悪しからず。

Links
QR Code
QR
RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。